報道発表資料

平成19年10月15日
保健対策
この記事を印刷

「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の運用について」の改正案に対する意見募集の結果について

 今般、化審法に規定する第一種特定化学物質が副生する事例が複数確認されたことを受け、副生成物として他の化学物質に微量含有される第一種特定化学物質の取扱いに係る考え方を明確化する観点から、平成19年7月20日から8月20日にかけて「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の運用について」の改正案に対する意見募集を行ったところ、12件の御意見を頂きました。頂いた御意見も勘案の上、本日当該通知を改正・施行しましたのでお知らせします。

 平成16年3月25日付け「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の運用について」(薬食発第0325001号、平成16・03・19製局第3号、環保企発第040325001号。以下「運用通知」という。)の改正案について意見募集を行ったところ、8の個人・団体・企業の方々から計12件の御意見を頂きました。提出された御意見及びそれに対する考え方は以下のとおりです。
 貴重な御意見をお寄せいただきありがとうございました。

1.意見募集期間

 平成19年7月20日(金)〜平成19年8月20日(月)[32日間]

2.御意見の件数及び内容

 12件(意見提出者 個人5、団体1、企業2 計8)

3.御意見に対する対応

 頂いた御意見及びそれに対する考え方は別添1のとおりです。また、頂いた御意見も勘案の上、厚生労働省、経済産業省及び環境省は、本日別添2のとおり運用通知を改正・施行しました(参考資料:改正後の運用通知(全体版))。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境保健企画管理課化学物質審査室
代表:03−3581−3351
 室長:戸田 英作(内線6309)
 補佐:木野 修宏(内線6324)
 担当:平塚 二朗(内線6329)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ