報道発表資料

平成19年8月10日
地球環境
この記事を印刷

若林環境大臣が大手銀行での「COOL BIZ」の取組を視察〜日本三大メガバンク頭取による「COOL BIZ BANK 宣言」と「打ち水」の実施〜

 若林環境大臣が、8月20日(月)に、今年から本格的に「COOL BIZ」の取組を開始した、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の店舗視察を行うこととなりましたのでお知らせします。
 みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行では、チーム・マイナス6%によるパブリックスペース等での「COOL BIZ」の導入の呼び掛けに呼応して、全国の店舗(3行合計1630店舗)で、室温28℃を目途に冷房温度を通常よりも高めに設定する取組などを実施しております。
 視察当日は、東京丸の内周辺にある3行の店舗(みずほ銀行東京中央支店、三井住友銀行東京営業部、三菱東京UFJ銀行新丸の内支店)を若林環境大臣が視察するほか、3行の頭取がともに「COOL BIZ BANK」を宣言し、地球温暖化防止活動への理解、協力を呼びかけます。
 また、宣言を記念して、大手町ファーストスクエアの協力を得て、浴衣やクールビズスタイルの行員等と大臣による打ち水が実施されます。
 なお、8月20日から2日間、視察を行う店舗等で、冷房温度を通常よりも高めに設定した店舗をどのように感じたか調査する「クールビズ体感調査」を実施することとしております。

■実施概要

日時

平成19年8月20日(月) 10:50〜11:15(予定)
※プレス受付は10:15より大手町ファーストスクエア前広場で行います。

内容

  • クールビズの取組視察(五十音順)
    場所:
    みずほ銀行 東京中央支店(千代田区大手町1-5-5)
    三井住友銀行 東京営業部(千代田区丸の内1-3-2)
    三菱東京UFJ銀行 新丸の内支店(千代田区丸の内1-4-2)
  • 各行頭取による「COOL BIZ BANK 宣言」
    場所:
    大手町ファーストスクエア前広場(千代田区大手町1-5-1)
    内容:
    • 若林環境大臣挨拶
    • みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行3行の頭取による「COOL BIZ BANK」を宣言
  • 「打ち水」
    場所:
    大手町ファーストスクエア前広場(千代田区大手町1-5-1)
    内容:
    環境大臣、3行の頭取、浴衣とクールビズスタイルの銀行員及び大手町ファーストスクエア関係者による総勢40名程度による打ち水が行われます。

視察参加者

若林正俊環境大臣
株式会社みずほ銀行 取締役頭取 杉山清次氏
株式会社三井住友銀行 頭取 奥正之氏
株式会社三菱東京UFJ銀行 頭取 畔柳信雄氏

取材について

 別紙「取材要領」をご参照のうえ、「取材申込書」にてお申し込ください。
(〆切:8月17日(金)15:00必着)

【各銀行の「COOL BIZ」取組内容 】(※五十音順)
みずほ銀行
本部・店舗を対象に、行員の軽装勤務を実施。店舗の状況等に応じて、営業店勤務者については「半袖シャツ・ブラウス、上着なし」、本部勤務者については、前述に加え「ネクタイ非着用」としている。軽装勤務の実施や高めの温度(28℃目処)設定については、みずほフィナンシャルグループ内広報誌等で慫慂(しょうよう)すると共に、本部内では「省エネ活動推進シール」の貼付等により、節電や高めの温度設定について呼びかけを行っている。
実施期間:6月1日(金)〜9月30日(日)
対象店舗:全国約430店舗
三井住友銀行
東京や大阪の本店に限定していた「クールビズ」の取組みを全国約500の全店舗に拡大。クールビズのバッジやポスターやうちわ等のツールを活用して、お客様に温暖化防止活動への理解、協力を呼びかける。
実施期間:7月2日(月)〜9月下旬 ※予定
対象店舗:全国約500店舗
三菱東京UFJ銀行
本部・全店舗を対象に、行員の「クールビズ」、室温28℃を目途に冷房控え目設定を励行(各店舗の状況に応じて適宜調整)。店頭用ポスターや団扇等のツールを活用して、お客様に温暖化防止活動への理解、協力を呼びかける。本部室内では、室温が簡単にわかる簡易(液晶)温度計を配布し、室温の確認、チェックを行うほか、全店舗に電気・水道・ガスの上手な使い方を示した「省エネ ガイドライン」を配布。加えて、行員各家庭での省エネの取り組みを呼びかけた。
実施期間:6月1日(金)〜9月30日(日)
対象店舗:全国約700店舗

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(代表:03-3581-3351)
 (直通:03-5521-8341)
 室長:染野 憲治(内:6725)
 担当:林 俊宏、清武 正孝(内:6792)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ