報道発表資料

平成19年8月2日
地球環境
この記事を印刷

特定二酸化炭素ガスの海底下廃棄の許可等に関する省令(仮称)案等に関する意見の募集について

 第166回通常国会において、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律(平成19年法律第62号)が成立し、平成19年5月30日に公布されました。
 同改正法の施行等に伴い、「特定二酸化炭素ガスの海底下廃棄の許可等に関する省令(仮称)」及び「特定二酸化炭素ガスの海底下廃棄の許可の申請に関し必要な事項を定める件(告示・仮称)」の制定を検討しています。
 本件について、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、平成19年8月2日(木)から平成19年8月31日(金)まで、郵送、電子メールにより御意見の募集(パブリックコメント手続)をいたします。

 平成19年5月30日に公布された、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律(平成19年法律第62号。以下「改正法」という。)においては、廃棄物等の海洋投棄に関する規制を国際的に強化するロンドン条約議定書を踏まえ、廃棄物等の海底下廃棄を原則禁止するとともに、その例外として、二酸化炭素の海底下廃棄については環境大臣の許可を得て実施可能とする等の措置を講じました。
 同改正法の施行等に伴い、特定二酸化炭素ガス海底下廃棄の許可に係る申請書及びその添付資料の記載事項等を定める「特定二酸化炭素の海底下廃棄の許可等に関する省令(仮称)」及び「特定二酸化炭素ガスの海底下廃棄の許可の申請に関し必要な事項を定める件(告示・仮称)」の制定を検討しています。

 本件について、広く国民の皆様から御意見を募集するため、平成19年8月2日(木)から平成19年8月31日(金)までの間、郵送、電子メールにより御意見の募集(パブリックコメント手続)をいたします。
 皆様から頂きました御意見につきましては、標記省令等の制定に際し参考にさせていただきます。
 なお、頂いた御意見に対する個別の回答は致しかねますので、その旨御了承願います。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
代表:03-3581-3351
 課長:田中 聡志(内6740)
 課長補佐:矢澤 真裕(内6756)
 担当:前田 大輔(内6743)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ