報道発表資料

平成19年7月27日
廃棄物
この記事を印刷

「平成19年度 地域における容器包装廃棄物3R推進モデル事業」の募集結果について

 本年6月4日(月)から6月29日(金)まで公募を行った「平成19年度 地域における容器包装廃棄物3R推進モデル事業」について、御応募いただいた事業のうち、事業の意義、地域連携性、新規性、適切性、継続性及び所要経費などの点から総合的に評価した結果、この度、6事業を対象に選考しましたのでお知らせします。

1.趣旨

 本事業は、地域において地方公共団体、事業者、消費者等の協働の下で、レジ袋の削減、リターナブルびんの普及、質の高い分別収集及び効率的な再商品化等の容器包装廃棄物の3Rを推進するものであり、かつ、他の地域のモデルとなるような、創意工夫に優れた事業や先進的な事業を「平成19年度 地域における容器包装廃棄物3R推進モデル事業」として実証し、その結果を取りまとめて広く周知することで、循環型社会の形成に向けた地域からの取組を促進することを目的とするものです。

2.選考結果

 平成19年6月4日(月)〜6月29日(金)まで公募を行い、御応募いただいた事業について、[1]事業の意義、[2]地域連携性、[3]新規性・独創性・先進性、[4]実証事業としての適切性・具体性・確実性、[5]事業の継続性・一般性・発展性、[6]所要経費などの観点から総合的に評価を行いました結果、次表の6事業を対象として選考しました。

No 申請者、所在地 事業名 事業の概要
財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク
(宮城県仙台市)
仙台発エコスポーツ推進プロジェクト事業 プロスポーツのサポーターと連携、ボランティアの協力を得て容器包装の3Rを推進予定(人材の育成とリユースカップの普及などを通じた啓発手段の充実)。
コミュニティポイントによる地域活性化協議会
(東京都世田谷区)
世田谷・烏山・環境コミュニティ持続可能な3R推進モデル事業 自動回収機を利用したペットボトルの資源回収を促進するとともに、回収量に応じてポイントをICカードに貯め地元での買い物に利用することで、容器包装廃棄物の資源化と住民参加型の地域活性化事業を推進予定。
茅ヶ崎市商店会連合会
(神奈川県茅ヶ崎市)
私の思い出のある傘でマイバッグ(マイ傘deエコバッグ) 市民から不要の傘を受け付け、障がい者施設でボランティアグル−プがマイバッグをつくり販売。親子、一般市民を対象とした環境学習講座(マイバッグづくり教室)を通じた3R意識の普及啓発を図る予定。
容器・包装3R推進協議会
(愛知県名古屋市)
レジ袋有料化促進モデル事業 名古屋市緑区におけるレジ袋有料化の社会的実験。スーパー、量販店、コンビニ、小規模小売店など協力店が一定期間、一斉にレジ袋を有料化し、その間の消費者行動の変化等を調査予定。市と連携した市民意識の変化も調査予定。
特定非営利活動法人いびがわミズみずエコステーション
(岐阜県揖斐郡揖斐川町)
レジ袋ないない大運動会 レジ袋を断ると専用のポイントカードへポイントを押印し、100ポイントを貯めたら1本の植樹活動か1本苗木を配布して育成。大垣市での取組をベースとして、NPO、地域団体との連携、企業や行政との協働により、西濃地域全域に拡大する予定。
京都大学環境保全センター
(京都府京都市)
レジ袋の量的・質的削減方策にかかる社会システム試行とその検証 レジ袋の質的及び量的削減に向けた取組をモデル事業展開すると同時に、その効果を検証することにより、取組の問題点や改善点を把握し、今後の効果的な施策展開を提案する予定。

3.今後の予定

環境省では本事業の結果を踏まえ、優れた取組の全国的な普及を図っていく予定です。

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
直通:03-5501-3153
 代表:03-3581-3351
 室長:西村 淳(内線 6831)
 室長補佐:橋本 郁男(内線 6854)
 係長:安藤 英俊(内線 6837)

ページ先頭へ