報道発表資料

平成19年7月23日
自然環境
この記事を印刷

西表石垣国立公園及び丹後天橋立大江山国定公園の指定日等について

 平成19年8月1日に石垣島の一部が西表国立公園に編入され、公園名称が「西表石垣国立公園」に変わります。
 また、平成19年8月3日には、我が国で56番目の国定公園として、「丹後天橋立大江山国定公園」が新たに指定されます。

 平成19年6月29日付けで中央環境審議会より答申を受けた以下の公園の指定、変更等については、平成19年8月1日及び8月3日に官報に告示されることとなりました。
 今回の指定、変更等により、我が国の国立公園の面積は2,074,858ha(国土面積の5.49%)、国定公園の面積は1,361,534ha(同3.60%)となります。

1.西表国立公園の公園区域の変更、「西表石垣国立公園」への改称及び公園計画の変更(平成19年8月1日告示予定)

(1)概要
  • 亜熱帯地域の代表的な森林、カンムリワシ等の希少な野生生物、沿岸に発達したサンゴ礁など、亜熱帯地域の優れた自然環境を有する石垣島の一部を西表国立公園の公園区域に編入。
  • 陸域では、石垣島北部の平久保半島から野底岳、於茂登岳、川平湾、屋良部半島に至る一帯とラムサール登録湿地である名蔵アンパル等を新たに指定。
  • 海域では、石垣島周辺のサンゴ礁海域の大部分を新たに指定。このうち、平久保、川平石崎、米原、白保の4地区の海域を海中公園地区として指定。
  • 拡張面積は、陸域が7,022ha(石垣島の約31%)、海域が約14,500ha。
    (昭和62年の釧路湿原国立公園の指定以来、最大規模の国立公園区域の拡張)
  • 今回の拡張に併せて、公園名称を「西表石垣国立公園」に変更。
(2)変更後の公園区域等
別添「西表石垣国立公園 公園計画図」のとおり。

2.「丹後天橋立大江山国定公園」の指定及び公園計画の決定(平成19年8月3日告示予定)

(1)概要
  • 丹後半島の海岸部、半島中央の世屋高原、半島南部の大江山連峰を新規の国定公園として指定。面積は19,023ha。
  • 丹後半島海岸部は、若狭湾国定公園の一部として指定されていた区域であり、日本三景の一つである天橋立や海食崖、海岸段丘、良好な砂浜のほか、棚田を有する山村を含む。
  • 世屋高原には、近畿地方では有数の規模の落葉広葉樹林がみられ、山間には湿地、渓谷、滝が点在。山頂からは日本海を見下ろす眺望が得られる。
  • 大江山連峰は、標高600〜800mの連山による山岳景観、稜線からの良好な眺望や雲海、近畿地方においては有数のブナ林が見所。元伊勢内宮・外宮等の社寺と境内林、棚田を有する山村を含む。
  • 国定公園の新規指定は、平成2年の暑寒別天売焼尻国定公園以来、17年ぶり。今回の指定により、国定公園の数は56となる。
(2)公園区域等
別添「丹後天橋立大江山国定公園 公園計画図」のとおり。

3.その他

 平成19年6月29日付けで答申を受けた国立公園事業の決定等に係る官報告示は平成19年8月1日に、若狭湾国定公園及び網走国定公園に係る官報告示は平成19年8月3日に行うこととしています。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
直通:03-5521-8278
 代表:03-3581-3351
 課長:神田 修二(内線6440)
 課長補佐:伊藤 淳一(内線6443)
 専門官:千田 純子(内線6445)
 係長:杉村 素樹(内線6449)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ