報道発表資料

平成19年7月3日
自然環境
この記事を印刷

サンゴの被害目撃情報の募集について

 環境省では、日本各地におけるサンゴの白化や病気、オニヒトデ等による被害の現状を把握することを目的として、研究者やダイバーの方々などから、サンゴの被害状況について情報の提供をお願いすることとしましたのでお知らせします。

1.目的

 これから夏にかけて海水温が上昇することに伴い、サンゴの白化が発生することが予想されることから、広く研究者やダイバーなどから情報を収集し、日本各地におけるサンゴの被害の現状を把握する。なお、白化のみでなく、病気や、オニヒトデ等による食害、アンカー(船の錨)による破壊などの被害についての情報も収集する。
 また、翌2008年は国際サンゴ礁年であることから、今回の情報収集及び結果の公表を通じて、サンゴ保全に関する普及啓発の推進も目的としている。

2.募集期間

 平成19年7月から開始

結果は各年度ごとに取りまとめるが、途中段階の情報もホームページ等に随時公表予定。

3.募集情報の内容(別紙参照)

(1)

場所に関する情報:ダイビングのポイント名、GPSによる緯度・経度、地図上の場所等

(2)

確認した日時

(3)

現地の状況:地形条件、水温、水深など

(4)
サンゴの被害状況(写真等を含む):被害の種類、被害の規模・割合、被害を受けたサンゴの種類・形態など

4.情報の提供方法

 環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターのホームページから調査票(別紙参照)をダウンロードし、情報を記入の上、電子メール、FAX、郵送等で同センターに送付。

お問い合せ先:
環境省 国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター(担当:佐藤、廣澤)
【所在地】〒907-0011 沖縄県石垣市八島町2-27
【TEL】0980-82-4902 【FAX】0980-82-0279
【ホームページアドレス】 http://www.coremoc.go.jp/

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
TEL:03−5521−8273
 課長:渡邉 綱男(内線 6430)
 課長補佐:河野 通治(内線6491)
 担当:荒牧 まりさ(内線 6433)

ページ先頭へ