報道発表資料

平成19年6月18日
自然環境
この記事を印刷

国際シンポジウム「山岳環境への挑戦」の開催について

 環境省は、2002年国際山岳年から5年が経過した今年、山岳環境問題についての議論を深める事を目的として、国際連合大学、「山岳環境への挑戦」シンポジウム実行委員会等と共催で、6月27日(水)に国際連合大学ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区)において国際シンポジウム「山岳環境への挑戦」を開催します。
 シンポジウムに参加ご希望の方は、別添申込用紙に必要事項を記載し、6月25日(月)までに、FAX等によりお申し込みください。

1.趣旨

 2002年の国際山岳年から5年が経過したいま,これまでの5年間の山岳研究の進展について紹介し,山岳環境の問題に関して今後取り組むべき課題について議論を深める事を目的に国際シンポジウムを開催します。

国際山岳年とは、山岳地域の環境保全や地域の発展を目的に国際連合が定めた年(2002年)

2.開催日時

平成19年6月27日(水)10:00〜18:00

3.開催場所

国際連合大学ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区)
※警備の都合上、入場には、申込用紙の控えを御持参いただくことが必要です。

4.主催・共催

主催
国際連合大学、「山岳環境への挑戦」シンポジウム実行委員会
共催
環境省、北海道大学大学院地球環境科学研究院、日本大学文理学部、
信州大学山岳科学総合研究所、ヤマ・ネット・ジャパン

5.申込み方法

 別添申込書に必要事項を記載し、6月25日(月)までに、ファクシミリ又は電子メールでお送りください。
FAX:(03) 5317−9429
電子メール:manandmt@chs.nihon-u.ac.jp

シンポジウムの申込みに対して原則として返信は行いません。また、会場への入場に際して、申込用紙の提示が必要になりますので、御持参ください。
本申込用紙では、期限を6月17日としておりますが、これはエクスカーション参加登録の締切です。シンポジウムに関しては6月25日まで受付け可能です。

6.プログラムの概要

(1)
10:00-10:20 オープニングセッション
挨拶
環境大臣 若林正俊(予定)
国際連合大学学長 ハンス・ファン・ヒンケル
(2)
10:50-12:15 セッションI 「山の課題−山岳環境と人々−」
(コーディネーター)
渡辺悌二(北海道大)
(内容)
国連大学のプロジェクトの紹介,山岳地域の自然環境問題について討論をします。
(発表予定者)
リボル・ヤンスキー(国連大),梁洛輝(国連大),鈴木克憲(国連大学高等研究所),神田修二(環境省自然環境局)
(3)
13:15-15:15 セッションII 「山の人々の取り組み-地域理解と解決能力の可能性-」
(コーディネーター)
松林公蔵(京都大),水嶋一雄(日本大)
(内容)
山岳地域の人と信仰,生業,健康などの諸問題について討論をします。
(発表予定者)
松林公蔵(京都大),奥宮清人(総合地球環境学研究所),堀信行(奈良大),笹本正治(信州大),水嶋一雄(日本大)
(4)
15:30-17:45 セッションIII 「中央アジアの山岳環境への取組」
(コーディネーター)
リボル・ヤンスキー(国連大),落合康浩(日大)
(内容)
中央アジアの山岳環境の研究・人間活動・社会の取り組みなどを討論します。
(発表予定者)
ヘルマン・クロイツマン(ベルリン自由大学,ドイツ),チナラ・サディコーバ(フォ-カルポイント・キルギスタン,キルギスタン),コクール・カシロフ(タジキスタン国立保護局,タジキスタン),ネヴェリナ・パチョヴァ(国連大),渡辺悌二(北海道大)

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
直通:03-5521-8278
 代表:03-3581-3351
 課長:神田 修二(内線 6440)
 課長補佐:則久 雅司(内線 6442)
 係長:中山 直樹(内線 6489)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ