報道発表資料

平成19年5月29日
地球環境
この記事を印刷

「21世紀環境立国戦略の策定に向けた提言」(中央環境審議会意見具申)について

安倍総理の施政方針演説において策定が表明された「21世紀環境立国戦略」に関して、中央環境審議会は「21世紀環境立国戦略特別部会」を2月に設置し、10回の審議を重ねてきました。この結果、本日、「21世紀環境立国の策定に向けた提言」として、とりまとめられ、鈴木基之中央環境審議会会長から、環境大臣に意見具申がなされました。

 去る1月26日の安倍内閣総理大臣の施政方針演説において「国内外あげて取り組むべき環境政策の方向を明示し、今後の世界の枠組み作りへ我が国として貢献する上での指針として、『21世紀環境立国戦略』を6月まで策定」するとの方針が打ち出され、環境大臣に策定の指示がありました。

 これを受けて、中央環境審議会は、「21世紀環境立国戦略特別部会」を2月に設置し、各界各層の意見も聴取しつつ、これまで10回の審議を重ねてきました。この結果、本日、「21世紀環境立国の策定に向けた提言」のとりまとめを行い、鈴木基之中央環境審議会会長に報告がなされました。

 これについて、同日、鈴木基之中央環境審議会会長から、環境大臣に意見具申がなされました(内容は別紙のとおりです)。

 なお、本提言に基づき、政府において速やかに「21世紀環境立国戦略」を策定する予定です。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房政策評価広報課21世紀環境立国戦略プロジェクトチーム室
直通:03-5521-8326 
 代表:03-3581-3351
 課長:柴垣 泰介(内線6911)
 課長補佐:大森 恵子(内線6154)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ