報道発表資料

平成19年5月30日
地球環境
この記事を印刷

地球温暖化対策と開発促進のためのグッドガバナンス-コベネフィッツ・アプローチによるイノベーション-気候変動枠組条約第26回補助機関会合(SB26)サイドイベントの開催結果について

環境省は、海外環境協力センター(OECC)との共催で、2007年5月11日、気候変動枠組条約第26回補助機関会合(SB26)において、開発途上国からのコベネフィッツ・ニーズの紹介や、先進国関連機関による経験の報告等を内容とする「地球温暖化対策と開発促進のためのグッドガバナンス-コベネフィッツ・アプローチによるイノベーション-」と題するサイドイベントを開催しました。その結果についてお知らせいたします。

1.背景及び概要

 近年、開発途上国が求める経済社会開発のニーズと地球温暖化防止を行うニーズとの両方を実現するコベネフィッツ(相乗便益)・アプローチが注目されています。開発への取組が優先課題となっている途上国の温暖化対策について、より現地の開発活動に根ざした現実的な形で進めることで、途上国自身の努力を促進し効果的な取組を期待することが出来ます。
  SB26におけるサイドイベントでは、平成18年度に環境省からの委託を受けて、JBIC、JICA等の協力を得て行った調査事業の成果である「開発途上国の開発ニーズ志向のコベネフィッツ型温暖化対策・CDMの実現に向けて」と題する報告書の内容を報告するとともに、開発途上国からのコベネフィッツ・ニーズの紹介や、先進国関連機関による経験の報告が行われました。

2.サイドイベントの日程等

(1) 日程:
2007年5月11日(金)
(2) 開催場所:
ドイツ・ボン
(3) 主催:
環境省、(社)海外環境協力センター(OECC)
(4) 出席者:
環境省 川又地球温暖化対策課課長補佐
(独)国際協力機構 川西国際協力専門員
(財)地球環境戦略研究機関 平石上級研究員
(社)海外環境協力センター 加藤主任研究員
フィリピン環境天然資源省 ジョイセリン・ゴコ環境管理副局長
インドネシア環境省 スリストヨワティ気候変動 部長

ほか、各国政府・国際機関等約40名が参加

3.開催結果の詳細

 海外環境協力センター(OECC)資料(別添)を御参照下さい。
(URL:http://www.kyomecha.org/cobenefits_sb26sideevent.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国際対策室
直通:03-5521-8354
 代表:03-3581-3351
 室長:和田 篤也(6772)
 補佐:川又 孝太郎(6773)
 担当:安田 將人(6796)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ