報道発表資料

平成19年5月30日
廃棄物
この記事を印刷

改正容器包装リサイクル法の施行に向けた、レジ袋及びマイバッグ持参に係る実態調査等の結果について

レジ袋の排出抑制に向けた消費者と事業者の取組状況、認識等を把握するため、平成18年度に実施した「レジ袋の利用実態及び容器包装リサイクル制度に関するアンケート調査」及び「小売店におけるレジ袋の排出抑制に関するアンケート調査」について、この度結果を取りまとめましたので公表します。
 この結果、例えば消費者にあっては約6割がマイバッグを所有しておりかなり普及していること、レジ袋の有料化に約半数が賛成していること、事業者にあってはレジ袋の排出の目標を約4割が定め、約1割がレジ袋の有料化に取り組んでいることが分かりました。

 改正容器包装リサイクル法では、事業者に対する排出抑制を促進するための措置が導入されました。これを受け、レジ袋の排出抑制に向けた消費者と事業者の取組状況、認識等を把握するため本調査を実施しました。
 2つの調査結果は別添のとおりです。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
直通 03-5501-3153
 代表 03-3581-3351
 室長 西村 淳(内線6831)
 室長補佐 酒井 輝久(内線6822)
 係長 安藤 英俊(内線6837)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ