報道発表資料

平成19年4月26日
大気環境
この記事を印刷

アジアの市長による環境的に持続可能な交通に関する国際会議の結果について

環境省は、国際連合地域開発センター(UNCRD)、アセアン環境的に持続可能な都市に関する作業部会(AWGESC)、(財)地球環境戦略研究機関(IGES)とともに、平成19年4月23、24日に、「アジアの市長による環境的に持続可能な交通に関する国際会議」を京都市にて開催しました。
 環境省では、これまでUNCRDとともに、アジア地域における環境にやさしい交通の実現をめざし、政府ハイレベルによる政策対話会合「アジアEST地域フォーラム」(EST: Environmentally Sustainable Transport) を開催するなど、国レベルによる取組を進めてきたところです。
 今後、国レベルと共に都市レベルにおいてもESTに関する取組を強化することによる相乗効果が期待されることから、平成19年5月に京都で第40回アジア開発銀行年次総会が開かれる機会を活かし、同総会のプレイベントとして、本会議を行ったものです。
 本会議では、アジア地域14ヵ国(日本の他、アセアン7ヵ国、中国、韓国、モンゴル、インド、バングラデシュ、スリランカ)から23都市の市長等が参加し、参加都市のESTに関する先進事例の共有化及びアジアの都市交通におけるESTの実現に向けた政策対話を行いました。そして、ここでの議論を経て、今後の総合対策の更なる推進に向け、ESTの実現に向けた取組への意思を宣言した「京都宣言」(Kyoto Declaration)が採択し、閉会されました。
 環境省では、こうした成果も踏まえ、引き続きアジア地域を中心としてESTの実現に向けた取組を進めていきます。

1.会議概要

(1) 日程及び場所
平成19年4月23日(月)、24日(火)
国立京都国際会館(京都市左京区)
(2) 主催等
主催:
環境省、UNCRD、AWGESC、IGES
共催:
国土交通省、アジア開発銀行(ADB)、有限責任中間法人イクレイ日本
後援:
第40回アジア開発銀行年次総会京都開催支援推進会議
(3) 参加者・機関等
アジア地域14カ国23都市の市長等
(日本の他、アセアン7ヵ国、中国、韓国、モンゴル、インド、バングラデシュ、スリランカ)
交通と環境分野に関する学識経験者等の専門家
国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)等の国際機関等  計 約100名

2.主要議題と成果

(1) シティーイニシアティブ
 先進事例等の共有を図るため、参加市長等より各都市のESTに関連する取組状況が発表された。
 これらを踏まえ、アジア地域でESTの推進に向けた方策等について議論がなされた。
(2) 京都宣言(Kyoto Declaration)
 参加市長等により、ESTの推進にむけて主導力を発揮することや、人と環境にやさしい都市交通インフラなど、ESTの鍵となる各要素に取り組むための総合政策の実施に向けた意思などを表明した「京都宣言」(Kyoto Declaration)が採択され、署名された。
リンク先:
環境省の環境と交通の取組http://www.env.go.jp/air/traffic_env/index.html
UNCRD(国際連合地域開発センター)http://www.uncrd.or.jp/ja/
<過去の発表資料>
平成19年4月12日付
「アジアの市長による環境的に持続可能な交通に関する国際会議の開催について」
 http://www.env.go.jp/press/8261.html
平成19年1月25日付
「アジアの市長による環境的に持続可能な交通に関する国際会議の開催について」
 http://www.env.go.jp/press/7944.html
平成19年2月26日付
「アジア市長による環境的に持続可能な交通に関する国際会議傍聴希望者の募集について」
 http://www.env.go.jp/press/8080.html

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局自動車環境対策課
代表:03−3581−3351
 課長:金丸 康夫(内6520)
 課長補佐:渡邉 一弘(内6526)
 担当:飯田 慎一(内6526)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ