報道発表資料

平成19年4月26日
地球環境
この記事を印刷

コベネフィッツ型温暖化対策・CDMの実現に向けたテレビ会議の開催結果について

環境省が実施する京都メカニズム支援事業の一環として、海外環境協力センター(OECC)は、2007年3月に「コベネフィッツ型温暖化対策・CDMの実現に向けたテレビ会議」を開催しました。その結果についてお知らせいたします。

1.背景及び概要

 開発途上国では、地球温暖化対策の重要性は認識されているものの、開発への取組が優先課題となっています。これらの国において地球温暖化対策のより積極的な取組を促すためには、開発にも地球温暖化対策にも資するコベネフィッツ(相乗便益)という考え方への理解を深めつつ、地球温暖化対策への取組に対する開発途上国の主体性(オーナーシップ)を高めていくことが必要です。
 このため、京都メカニズム支援事業の一環として、本年3月にコベネフィッツをテーマとしたテレビ会議を開催しました。この会議は、中国・インド・インドネシア・フィリピン・タイと個別に開催され、気候変動・CDMの政府担当官や専門家が出席し、途上国の開発ニーズと、地球温暖化の防止を行うニーズとの双方を満たすコベネフィッツ(相乗便益)の考え方を共有するとともに、各国におけるコベネフィッツ型温暖化対策・CDMの実現に向けて意見交換が行われました。
 参加各国からはコベネフィッツ型温暖化対策・CDMの推進への賛同が得られ、また、省エネ・再生可能エネルギー・大気汚染・水質汚濁・交通対策・廃棄物管理等のセクターにおけるニーズが高いことが示されました。

2.開催日程

2007年3月1日 インドネシア(インドネシア環境省(MOE)、スラバヤ市、ボゴール市)
2007年3月16日 フィリピン(環境天然資源省(DENR))
2007年3月29日 中国(国家情報センター、寧夏省政府、貴州省政府)
2007年3月30日 タイ(環境天然資源省(MONRE))
2007年3月30日 インド(インド・エネルギー資源研究所(TERI))

3.開催結果の詳細

海外環境協力センター(OECC)発表資料(別添)を御参照下さい。
 (URL:http://www.kyomecha.org/cobenefits_20070426.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国際対策室
直通:03-5521-8354
 代表:03-3581-3351
 室長:和田 篤也(6772)
 補佐:川又 孝太郎(6773)
 担当:安田 將人(6796)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ