報道発表資料

平成19年4月6日
廃棄物
この記事を印刷

平成18年度容器包装3R推進環境大臣賞の受賞者の決定と授与式の開催について

環境省では、容器包装廃棄物の3Rの推進に資する活動の奨励・普及を図るため、平成18年度から「容器包装3R推進環境大臣賞」を設けています。
 平成19年1月22日(月)から4週間、一般募集を行ったところ、合計120件(製品部門60件、小売店部門20件、地域の連携協働部門40件)の御応募をいただきました。
 審査委員会で審査いただいた結果、製品部門には4件、小売店部門には3件、地域の連携部門には5件の計12件を「容器包装3R推進環境大臣賞」の受賞者として決定し、4月11日(水)に授与式を開催することとなりましたので、お知らせします。

1.環境大臣賞の目的

 改正容器包装リサイクル法の成立を踏まえ、事業者、NPO、市民団体及び地方公共団体等における容器包装廃棄物の3Rの推進に資する活動の奨励・普及を図り、容器包装廃棄物の3Rを一層推進する。

2.授与式

◆日時:
平成19年4月11日(水)11:30〜12:30(予定)
◆場所:

環境省第1会議室(中央合同庁舎5号館22階)

環境大臣が受賞者に対して授与を行います。

3.受賞者(詳細は別紙)

(1)製品部門

○最優秀賞
店頭回収したトレーを再生利用したエコトレー(株式会社エフピコ)
○優秀賞
ビール用軽量リターナブル大びん(633ml)(キリンビール株式会社)
○奨励賞
  • 地球に優しい缶 TULC(タルク)(東洋製罐株式会社)
  • 軽量化200mlリターナブルビン(明治乳業株式会社)

(2)小売店部門

○最優秀賞
コープ下鴨(京都生活協同組合本部)
○優秀賞
コープ甲南(生活協同組合コープこうべ)
○奨励賞
富山大学生協本店(富山大学生活協同組合)

(3)地域の連携協働部門

○最優秀賞
規格統一したリターナブルびん(Rびん)の普及(びん再使用ネットワーク<東京都新宿区>)
○優秀賞
京都市におけるマイバッグ等の持参促進及びレジ袋の削減に関する協定(京都市レジ袋有料化推進懇談会<京都府京都市>)
○奨励賞
  • エコイベントサポート活動―ごみゼロ阿波踊り大作戦―(エコイベントサポートチーム徳島<徳島県徳島市>)
  • 食品トレーリサイクル・新庄方式(P&Pトレーリサイクル研究会<山形県新庄市>)
  • アルミ缶収集活動および福祉活動(小海中学校生徒会<長野県南佐久郡小海町>)
なお、各部門の最優秀賞の受賞者は、別添のマークを使用することができます。

4.審査委員

安井 至国際連合大学副学長 (審査委員長)
酒井伸一京都大学環境保全センター教授
崎田裕子ジャーナリスト・環境カウンセラー
佐々木春夫社団法人日本包装技術協会専務理事
塩谷喜雄日本経済新聞 論説委員
半井小絵気象予報士
宮崎 緑千葉商科大学政策情報学部教授
 ※授与式には審査委員も出席予定です。

5.連絡先

 取材を希望される報道関係者の方は、4月9日(月)までに、以下の連絡先まで電子メール又はFAXにて御登録ください。
 当日の受付方法等について御連絡させていただきます。

(連絡先)
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室 橋本・井上
TEL:03-5501-3153(直通)、03-3581-3351(内線6854)
FAX:03-3593-8262
電子メール:YOURIHOU@env.go.jp
<メールタイトル> 表彰式取材希望

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
直通 03-5501-3153
 代表 03-3581-3351
 室長 西村 淳(6831)
 室長補佐 橋本 郁男(6854)
 係長 井上 雄祐(6823)

ページ先頭へ