報道発表資料

平成19年3月30日
地球環境
この記事を印刷

「地球温暖化対策とまちづくりに関する検討会」報告書について

 環境省では、京都議定書の第1約束期間に留まらず、中長期での温室効果ガスの大幅削減のためには、「地球温暖化対策の観点からのまちづくり」が重要であるとの認識の下に、主に地球温暖化対策の観点から持続可能な都市のあり方について検討を行うため、平成17年10月以降「地球温暖化対策とまちづくりに関する検討会」(座長:三上岳彦)において合計11回にわたる検討を行ってきました。
 今般、その検討結果についての報告書を取りまとめましたのでお知らせします。

○検討会委員名簿(敬称略)
三上 岳彦 (座長)首都大学東京都市環境科学研究科教授
礒野 省吾岡山電気軌道(株)常務
上山 靜一イオン(株)環境・社会貢献部部長
古倉 宗治(財)土地総合研究所理事兼調査部長
粂原 和代飯田市産業経済部市街地整備推進室長
島 正範RACDA高岡
善養寺 幸子オーガニックテーブル(株)代表取締役
谷口 守岡山大学環境理工学部教授
林 良嗣名古屋大学大学院環境学研究科教授
別所 恭一佐川急便(株)CSR環境推進部長
松橋 啓介(独)国立環境研究所主任研究員
村尾 信尚関西学院大学教授
藻谷 浩介日本政策投資銀行地域企画部参事役
森本 章倫宇都宮大学工学部建設学科助教授
吉田 好邦東京大学新領域創成科学研究科助教授

「地球温暖化対策とまちづくりに関する検討会」報告書

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通 03-5521-8355
 代表 03-3581-3351
 課長:小川 晃範(内線6770)
 課長補佐:大倉 紀彰(内線6279)
 担当:大橋 卓巳(内線6782)

ページ先頭へ