報道発表資料

平成19年3月30日 この記事を印刷

環境研究・環境技術開発の推進戦略の実施方針の策定について

中央環境審議会総合政策部会環境研究・技術開発推進戦略専門委員会における助言を踏まえ、「環境研究・環境技術開発の推進戦略の実施方針」を策定しました。

1 背景

 平成18年3月に中央環境審議会でとりまとめられた「環境研究・環境技術開発の推進戦略について」(答申)において、戦略の実施体制として、「実施方針の作成とそれに対する中央環境審議会による助言及びフォローアップ」が明記されました。
 環境省では、中央環境審議会総合政策部会環境研究・技術開発推進戦略専門委員会での助言を踏まえ、「環境研究・環境技術開発の推進戦略の実施方針」を策定しましたので、公表します。

2 実施方針の構成

 実施方針は、以下のような内容で構成されています。

1.実施方針の基本的考え方
(1)本実施方針の位置づけ
(2)他の関連施策との整合・連携
(3)国と地方の役割
(4)関係機関が行う研究・技術開発の扱い
2.重点的に推進すべき領域ごとの実施方針
2−1.脱温暖化社会の構築
2−2.循環型社会の構築
2−3.自然共生型社会の構築
2−4.安全・安心で質の高い社会の構築
3.横断的事項に関する実施方針
(1)総合的・統合的アプローチの確保
(2)国際的取組の戦略的展開
(3)国内の地域における研究開発の推進
(4)国の研究資金制度の活用・強化
(5)環境研究を支える基盤の充実・整備
(6)研究開発評価の充実・強化
(7)先端技術の積極的活用
(8)研究・技術開発成果の普及啓発と政策への還元
(9)成果目標の設定
4.今後の取組状況のフォローアップ等

3 今後の予定

 策定された実施方針に従い、フォローアップとして、進捗状況の定期的な把握、環境問題の現状を踏まえた重要課題等の見直し等を定期的に行う予定です。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局総務課環境研究技術室
直通:03−5521−8239
 室長:室石 泰弘(内線6241)
 専門官:豊住 朝子(内線6243)
 担当:高橋 真奈美(内線6244)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ