報道発表資料

平成19年3月26日
地球環境
この記事を印刷

「2006年度 自主行動計画フォローアップ結果及び今後の課題等」の取りまとめについて

「2006年度 自主行動計画フォローアップ結果及び今後の課題等(案)」について、平成19年3月1日から14日まで、意見募集(パブリックコメント)を行ったところ、以下の12団体より意見提出がありました。
 頂いた御意見を参考に、「2006年度 自主行動計画フォローアップ結果及び今後の課題等」(別添1)が取りまとめられました。
 また、お寄せいただいた主な御意見とそれらに対する考え方について、別添2のとおり取りまとめましたので御報告いたします。

1 意見募集期間

平成19年3月1日(木)〜3月14日(水)

2 御意見をいただいた団体

12団体

【意見提出団体】
地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)、世界自然保護基金(WWF)ジャパン、気候ネットワーク、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、環境エネルギー政策研究所、日本経済団体連合会、石油鉱業連盟、日本百貨店協会、日本製紙連合会、日本チェーンストア協会、日本フランチャイズチェーン協会、日本ゴム工業会、

3 御意見に対する対応

 頂いた御意見を参考に、「2006年度 自主行動計画フォローアップ結果及び今後の課題等」(別添1)が取りまとめられました。
 また、頂いた御意見に対する環境省及び経済産業省としての考え方は、別添2のとおりです。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
代表:03-3581-3351
 課長:小川 晃範(6770)
 補佐:平岡 宏一(6790)
 担当:小柳百合子(6779)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ