報道発表資料

平成19年3月23日
地球環境
この記事を印刷

温対法に基づく事業者別排出係数の算出方法等に関する意見募集(パブリックコメント)の結果について

「地球温暖化対策の推進に関する法律」(平成10年法律第117号)の一部改正(平成17年法律第61号)を受け、平成18年4月1日に施行された「特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令」(平成18年経済産業省・環境省令第3号)第10条第2項の規定に基づき環境大臣及び経済産業大臣が公表する一般電気事業者及び特定規模電気事業者の供給に係る電気の二酸化炭素排出係数の算出方法等について、広く国民の皆様から御意見を募集するため、平成19年2月2日(金)から3月2日(金)までの間、意見の募集(パブリックコメント)を実施しました。
 頂いた御意見の概要及びそれらに対する考え方を取りまとめましたので公表します。

1 意見募集期間

 平成19年2月2日(金)〜平成19年3月2日(金)

2 御意見の件数

 51件(意見提出者 21人(団体))

3 御意見に対する対応

 頂いた御意見に対する環境省及び経済産業省としての考え方は、添付資料のとおりです。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
代表:03-3581-3351
 課長:小川 晃範(6770)
 補佐:平岡 宏一(6790)
 補佐:小野寺秀明(6779)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ