報道発表資料

平成19年3月2日
自然環境
この記事を印刷

宮崎県新富町の高病原性鳥インフルエンザ発生地周辺での野鳥のウイルス検査結果について

宮崎県新富町の高病原性鳥インフルエンザ発生地周辺で捕獲・採取した野生鳥類の検体について、農林水産省動物検疫所、国立感染症研究所及び大阪府立大学で検査を実施していたところ、全ての検体で高病原性鳥インフルエンザウイルスは陰性との結果が判明しましたのでお知らせします。

 環境省と宮崎県が、平成19年2月6日(火)〜8日(木)にかけて、宮崎県新富町の高病原性鳥インフルエンザ発生地を中心に概ね半径10kmの範囲で、カモ類等の水鳥のフンを109個採取するとともに、小型陸鳥を104羽捕獲し、気管等の粘膜及び血液を検体として採取しました。
 採取した検体を、農林水産省動物検疫所精密検査部、国立感染症研究所獣医科学部及び大阪府立大学大学院生命環境科学研究科において検査したところ、全ての検体から高病原性鳥インフルエンザウイルスは検出されませんでした。
なお、採取及び捕獲の状況は以下のとおりです。

検体の種類、野鳥名検査結果





渡り鳥ルリビタキ 1羽 陰性
ジョウビタキ 3羽 陰性
シロハラ 15羽 陰性
アオジ 45羽 陰性
ミヤマホオジロ 5羽 陰性
アトリ 2羽 陰性
ノゴマ 1羽陰性
留鳥ウグイス 8羽 陰性
メジロ 15羽 陰性
ヤマガラ 1羽陰性
モズ 1羽 陰性
ホオジロ 3羽 陰性
ヒヨドリ 2羽 陰性
シジュウカラ 2羽 陰性
合計 104羽
カモ類の糞 109 陰性
連絡先
環境省自然環境局野生生物課
課長 星野 一昭(内線6460)
鳥獣保護業務室
 室長 猪島 康浩(内線6470)
 補佐 中澤 圭一(内線6471)
 専門官 徳田 裕之(内線6473)
 直通 03−5521−8285

ページ先頭へ