報道発表資料

平成19年3月2日
地球環境
この記事を印刷

平成19年度エコ燃料実用化地域システム実証事業の公募について

環境省は、エコ燃料の普及を加速化させるため、大都市圏において実用化段階に近い規模で、バイオエタノール混合ガソリンの流通体制を構築し、自立的なエコ燃料生産・利用システムの成立を実証することを目的とした「エコ燃料実用化地域システム実証事業」を平成19年度から新たに創設することとし、平成19年度政府予算案に計上しています。
 この度、予算成立後に本事業を速やかに実施するため、環境省の委託を受けて、これを実施する主体を公募します。
 本事業では、バイオエタノール3%混合ガソリン(E3)を製造して、関西圏・関東圏において自動車用燃料として販売し、各生産・流通段階ける品質を確保するために必要な管理手法やE3の社会的受容性等の検証等を行います。
 (公募期間:平成19年3月2日(金)〜平成19年3月30日(金))

1.本事業の概要及び目的

 輸送用バイオマス由来燃料(エコ燃料)の導入については、京都議定書目標達成計画において2010年度に原油換算50万キロリットル導入するとの目標が掲げられています。これまでの取組により、我が国においてもバイオエタノールの生産設備の整備が始められていることから、今後適正な流通・品質管理体制が構築されれば、バイオエタノール混合ガソリンの大規模な導入が可能な状況となっています。
 このため、環境省としては、本事業によりバイオエタノール3%混合ガソリン(E3)を製造して、関西圏・関東圏において自動車用燃料として販売し、原料調達から販売までの各生産・流通段階において、自動車用燃料としての品質を確保するために必要な管理手法やE3の社会的受容性等の検証を行うとともに、これに必要な設備の整備等を行います。

※本事業では、バイオエタノール・ジャパン・関西株式会社で製造されるバイオエタノール年間最大1,400klを使用することを想定しています。

2.事業の内容等

(1)募集対象

民間団体等

(2)委託事業の内容

  • E3の製造・流通・販売
  • E3の品質管理手法の検証
  • E3の社会的受容性等の検証
  • 必要な設備の整備等
  • E3利用の拡大のための取組

(3)事業予算

7億円を上限とする。※ただし、平成19年度予算の成立を前提とする。

(4)事業実施期間

 契約締結の日から平成20年3月31日までとする。なお、事業5年目までは、所要の予算措置が講じられる事を前提に、継続して契約ができるものとする。

3.締切

平成19年3月30日(金)(必着)

4.提出先

環境省 地球環境局 地球温暖化対策課
「エコ燃料地域実用化システム実証事業」担当
住所:東京都千代田区霞ヶ関1−2−2

5.今後の日程

4月初旬 事業審査
4月中旬 事業採択

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
代表 03-3581-3351
 直通 03-5521-8339
 課長 小川 晃範(内6770)
 調整官 山本 昌宏 (内6771)
 課長補佐 関谷 毅史 (内6791)
 担当 末次 貴志子(内6780)

ページ先頭へ