報道発表資料

平成19年3月1日
地球環境
この記事を印刷

Jリーグ開幕日の日産スタジアムでの巨大バナーによる地球温暖化防止の呼びかけ等について〜「Jリーグ」と「チーム・マイナス6%」が連携を強化します〜

「チーム・マイナス6%」では、2007年を京都議定書約束期間が始まる前年に当たる節目の年として捉え、一人ひとりが温暖化の危機を"自分ごと化"していくことを柱のひとつに位置づけています。
 そこで、チーム員である社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)との連携を強化し、各クラブや選手の協力を得ながら、地球温暖化の危機的な状況の情報提供を行うとともに、一人ひとりが身近なところから温暖化防止活動に取り組むことを呼びかけます。
 まず、3月3日(土)に日産スタジアム(横浜市)で開催される「2007Jリーグ J1リーグ戦第1節(開幕戦) 横浜F・マリノス vs ヴァンフォーレ甲府」において、横浜F・マリノスと日産スタジアムの協力を得て、試合前に温暖化防止を呼びかける巨大バナーをピッチ上に設置します。
 また、Jリーグ全31のクラブ(J1:18クラブ、J2:13クラブ)を代表する選手(各クラブ1名)が温暖化防止を呼びかけるメッセージ映像を、開幕戦から順次、各スタジアムの大型ビジョン等で放映します。

日産スタジアムでの温暖化防止を呼びかける"巨大バナー"の設置

試合前に、長さ約100m(ゴールからゴールまで)、幅約18m(センターサークルと同サイズ)の巨大バナーをピッチに設置します。

【日時】

3月3日(土) 12:45〜13:15頃 の間に適宜実施
(※キックオフ 14:00)

【対象試合】

2007Jリーグ J1リーグ戦第1節(開幕戦)
横浜F・マリノスvs ヴァンフォーレ甲府

イメージ写真
(※イメージ)

選手による温暖化防止を呼びかけるメッセージ映像のスタジアムでの放映

Jリーグ全31のクラブ(J1:18クラブ、J2:13クラブ)を代表する選手(各クラブ1名)が温暖化防止を呼びかけるメッセージ映像を、各スタジアムの大型ビジョン等で放映します。

【出演選手】

参考資料[1]を参照ください。

【放映日】

開幕戦から順次放映

取材について

<日産スタジアムでの3月3日の取材について>
 Jリーグ 広報部 担当:小泉まで(電話:03-3830-1915)
 別紙「試合取材申請書」にて、試合の前日までにFAXしてください。

<その他の取材についてのお問合せ先>
 チーム・マイナス6%運営事務局
 広報担当:井田、鈴木
 (電話:03−3261−8113)まで

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8341)
 プロジェクトリーダー:吉野 議章(内:6763)
 担当: 林 、清武(内:6793)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ