報道発表資料

平成19年2月27日
保健対策
この記事を印刷

「平成18年度第2回有害金属対策策定基礎調査専門検討会」の開催について

環境省では、国際的観点からの有害金属対策戦略を策定するための基礎的な検討を行うため、学識経験者等からなる有害金属対策策定基礎調査専門検討会を設置し、第2回検討会を平成19年3月23日(金)に、公開で開催いたします。

 水銀、カドミウム及び鉛等の有害金属類については、国際連合環境計画(UNEP)において、有害金属類汚染の拡散等に対する国際的対応を行う必要性について検討が開始されています。これを踏まえ、環境省では、国際的観点からの有害金属対策戦略を策定するための基礎的な検討を行うため、有害金属対策策定基礎調査専門検討会を設置し、水銀等の生産・使用及び貿易等の状況や、大気中のモニタリング等の調査研究を開始しました。
 また、2007年2月に行われたUNEP管理理事会において、2003年に提出された「世界水銀アセスメント」、2005年に開始されたカドミウム及び鉛の世界アセスメント結果等を踏まえた議論が行われ、水銀に関しては、水銀対策のための条約制定、ボランタリーな取組の推進の双方の選択肢を検討するための専門家会合の設置等の決議が採択されました。
 こうした動向を踏まえ、平成18年度調査の取りまとめの方向について検討するとともに、本検討会の平成19年度以降の対応について検討するため、下記のとおり、第2回検討会を開催いたします。

会議概要

1.開催日時

平成19年3月23日(金)10時00分〜12時00分

2.開催場所

航空会館501・502会議室(東京都港区新橋1−18−1)

3.議題(案)
(1)
第24回UNEP管理理事会の結果について
(2)
有害金属のマテリアルフローについて
(3)
製品等に含まれる有害金属等の含有量の測定について
(4)
大気中有害金属の実測について
(5)
排出インベントリ作成のための基礎調査について
(6)
環境中長距離輸送モデルの検討について

会議の傍聴について

 本会議は公開です。傍聴(無料)を御希望の方は、[1]電子メール又はFAXに「第2回有害金属対策策定基礎調査専門検討会 傍聴希望」と記入し、[2]住所、氏名、勤務先、電話番号、電子メールアドレス又はFAX番号を明記の上、[3] 3月19日(月)17時必着で、下記の宛先まで申し込みください。傍聴が可能な方には、指定された宛先に電子メール又はFAXにて傍聴券を送付させていただきますので、当日必ずお持ちください。
 なお、傍聴可能人数は50人を予定しており、希望者がこれを超えた場合は抽選とさせていただきます。

(申し込み先)
いであ株式会社 「有害金属対策策定基礎調査専門検討会」傍聴受付係 あて
○電子メールの場合
電子メールアドレス:stcompm@ideacon.co.jp
(電子メールはテキスト形式で送信してください。添付ファイルによる提出は御遠慮願います。)
○FAXの場合
FAX番号:045-593-7624
申込みは一名につき一通でお願いします。
カメラ撮りを希望のマスコミ関係者の方も、同様に申し込みください。(必ず自社腕章を携帯願います。)
専門委員会の傍聴を申し込みの際に記入いただいた個人情報は、いであ株式会社の個人情報保護方針に基づいて取り扱い、当該検討会傍聴者の管理及び傍聴券の発行以外に使用することはありません。
個人情報に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
いであ株式会社 個人情報問い合わせ窓口(担当:星、水野、斉藤)
  電子メールアドレス:stcompm@ideacon.co.jp
  電話番号:045-593-7604
連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
課長:青木 龍哉(内線 6350)
 課長補佐:戸田 英作(内線 6353)
 担当:須賀 義徳(内線 6358)

ページ先頭へ