報道発表資料

平成19年2月22日
大臣官房
この記事を印刷

「まだ間に合う!地球温暖化防止」の開催について

環境省と四国環境パートナーシップ・オフィス(四国EPO)では、四国EPOのオープニングイベントの一つとして「まだ間に合う!地球温暖化防止」を、香川県高松市及び愛媛県松山市において開催します。
 本会合では、映画「不都合な真実」の上映を通して、四国地域にお住まいの市民の皆様と地球温暖化防止について意見交換を行うこととしています。参加申込手続の詳細についてはおってお知らせすることとしています。

1.四国地域の市民と意見交換を行う会合

 環境省では、市民、企業、自治体等との連携のもと、政策を進めるために、全国に環境パートナーシップオフィスを設けるとともに、環境省の政策を直接国民に説明し、対話を行う機会を設けるよう努めています。
 本年1月に四国の環境パートナーシップの拠点である四国EPOが発足したことから、四国の香川県高松市及び愛媛県松山市において、「まだ間に合う!地球温暖化防止」をテーマに、地球温暖化防止について意見交換会を、以下のとおり開催することとしています。

(1)「まだ間に合う!地球温暖化防止」(高松)

日時:
平成19年3月24日(土)
場所:
サンポート高松 かがわ国際会議場
香川県高松市サンポート2番1号
参加予定数:
300名
プログラム(予定)
  • 四国EPOプレゼンテーション
  • 映画上映「不都合な真実」
  • パネルディスカッション
    コーディネーター及びパネリスト(有識者、NGO等)7名程度
  • 参加者との意見交換
その他:
会場外で環境関係団体の展示活動を実施

※参加費は無料です。

(2)「まだ間に合う!地球温暖化防止」(松山)

日時:
平成19年3月21日(水)
場所:
松山市総合コミュニティセンター/企画展示ホール
愛媛県松山市湊町七丁目5番地
参加予定数:
300名
プログラム(予定)
  • 四国EPOプレゼンテーション
  • 映画上映「不都合な真実」
  • 参加者との意見交換

※参加費は無料です。
※「環境首都コンテスト四国地域交流会」(「くらしを見つめる会」主催)を同時開催

2.参加申込手続について

(1)対象者

四国地域(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)にお住まいの環境問題について関心をお持ちの方。

(2)人数

松山及び高松各会場300名を予定しています。

(3)申し込み方法
 申し込み方法の詳細については、決定次第、環境省ホームページ、中国四国地方環境事務所ホームページ(http://chushikoku.env.go.jp/)等によってお知らせします。

(参考)四国EPOについて

 環境省では、平成16年度から3カ年計画で、地方での環境パートナーシップ形成促進拠点として「環境パートナーシップオフィス」を全国の各ブロックに設置し、地域のNPOや地方公共団体等と連携しつつ運営を行うとともに、全国的なネットワーク化を図り、環境パートナーシップの構築及び環境保全活動の一層の推進を図っています。
 四国EPOは、全国で6番目の地方環境パートナーシップオフィスとして、市民、NPO/NGO、企業、行政などの相互の連携・協働による環境保全活動を支援し、各主体間をつなぐコーディネーターとして四国ならではの持続可能な地域づくりを目指し、平成19年1月4日に高松市に設置されました。

連絡先
環境省大臣官房政策評価広報課広報室
直通:03-5521-8213
 代表:03-3581-3351
 室長:田中 聡志(内6139)
 担当:佐藤 美稚子(内6149)
    :前田 敏之(内6140)
地方環境室
 直通:03-5521-8214
 室長:伊東 喜司男(内6912)
 担当:市塚 克彦(内6145)

ページ先頭へ