報道発表資料

平成19年2月19日
総合政策
この記事を印刷

「環境コミュニケーションシンポジウム」の開催について

環境省では、サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC)、日本経済新聞社、(財)地球・人間環境フォーラムとの共催により、平成19年3月26日(月)14:45から、日本教育会館一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)において、環境コミュニケーションシンポジウムを開催します。
 今回のシンポジウムでは、「環境危機と地球規模を視野においたコミュニケーション」をテーマとして開催し、西岡秀三氏(独立行政法人国立環境研究所理事)の基調講演や、企業関係者、学識経験者、NPO等らによるパネルディスカッションが行われます。

環境コミュニケーションシンポジウムの概要

【日時】

平成19年3月26日(月) 14:45〜18:00

【主催】

環境省、サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC)、日本経済新聞社、(財)地球・人間環境フォーラム(順不同)

【テーマ】

「環境危機と地球規模を視野においたコミュニケーション」

【場所】

日本教育会館 一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)

【定員】

882人

【入場】

無料(要申込)

【プログラム】

(第10回環境コミュニケーション大賞表彰式に引き続き実施)

14:45〜15:45

基調講演
「加速する地球温暖化と今私たちに求められる行動」(仮題)
 西岡 秀三 氏(独立行政法人国立環境研究所 理事)

15:45〜16:00

休憩

16:00〜18:00 パネルディスカッション
 「環境危機と地球規模を視野においたコミュニケーション」
  • パネリスト(氏名五十音順)
    阿部 哲嗣 氏
    ((株)リコー 社会環境本部環境コミュニケーション推進室シニアスペシャリスト)
    粟野美佳子 氏
    ((財)世界自然保護基金ジャパン ビジネスパートナーシップマーケティンググループ長)
    奥  真美 氏
    (首都大学東京都市教養学部 教授)
    小嶋 幸次 氏
    (サントリー(株) 取締役 技術開発部長、生産推進部・環境部担当)
    ※その他、環境省関係者及び金融機関より各1名参加予定
  • コーディネーター
    後藤 敏彦 氏
     (NSC代表幹事、環境監査研究会代表幹事)
【開催趣旨】

 環境コミュニケーションの有力な手段である環境報告書やCSR報告書などによって、多くの事業者が自者の環境・社会情報を社会に伝える取組を行い、その取組の情報は財務情報とも並ぶ重要な企業情報として位置づけられ始めています。 しかし、地球温暖化による地球規模の環境危機が懸念される中で、経済活動の担い手である企業には、今後それらの環境危機にどのように取り組み、その取り組みをどのように社会に伝えていくかが課題となり、新たな環境コミュニケーション手法の導入が求められています。つまり、「箱庭的」コミュニケーションから、地球全体のサステナビリティを視野においたコミュニケーションへのイノベーションが要求されてきています。
 こうした状況の中で、環境コミュニケーションに関する規格(ISO14063)の発行(2006年8月)、GRIガイドライン改訂(2006年10月)、環境省における環境報告書ガイドラインに改訂作業の進行など、国内外において大きな動きが見られます。
 そこで、今回のシンポジウムでは、基調講演において地球環境問題の主要課題である地球温暖化に関する最新情報を伝えてもらい、それを受けてのパネルディスカッションでは、環境コミュニケーションに関する内外の最新情報を伝えるとともに、企業が環境危機をどのように取り組み、その取り組みを社会全体にどのように伝えていくのかを検討し、その方策や課題を探ります。

【申込方法】
  • 参加を希望される方は、官製ハガキまたはFAX、E−mailにより、所属先名(会社名等)、住所、氏名、電話番号、FAX番号をご記入のうえ、下記までお送りください。
  • 折り返し入場券をお送りします。
  • 参加申込締切は、平成19年3月16日(金)といたします(当日消印有効)。

──申し込み先・問い合わせ先──
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-18-1 虎ノ門10森ビル5階
(財)地球・人間環境フォーラム・シンポ係
TEL: 03-3592-9735 FAX: 03-3592-9737
E-mail: ecom-sympo@nifty.com
URL:http://www.gef.or.jp/

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課
直通電話 03-5521-8240
 代表電話 03-3581-3351
 課長:鎌形 浩史(6260)
 課長補佐:中坪 治(6263)
 担当:柳田 友規(6268)

ページ先頭へ