報道発表資料

平成19年2月16日
地球環境
この記事を印刷

スターン・レビュー「気候変動の経済学」の日本語版作成について

 環境省と駐日英国大使館は、国立環境研究所のAIM(エイム)(アジア太平洋統合評価モデル)※注  開発チームの全面的な協力を得て、スターン・レビュー「気候変動の経済学」の日本語版を作成します。その第一弾として、Executive Summary(概要)部分(原文約30ページ)について、和英を併記した版を本日公表いたします。当該の概要版は、環境省、駐日英国大使館及び国立環境研究所のウェブページにてダウンロードできます。(駐日英国大使館では、21日から) また、報告書本文についても、本年4月末を目途に、同様の体制で翻訳を完成し、公表する予定です。

 スターン・レビューは、昨年10月、世界銀行の元チーフ・エコノミストで、現在は英国政府気候変動・開発における経済担当政府特別顧問であるニコラス・スターン博士が取りまとめ、英国首相と財務大臣に報告され、昨年12月には、ナイロビ(ケニア)で開催された気候変動枠組条約の締約国会議(COP12)でも紹介されました。

 ※注:アジア太平洋地域における物質循環を考慮した、地球温暖化対策評価のための気候モデル。国立環境研究所の温暖化影響・対策研究チームが開発を続けている。

1.目的

 地球温暖化が経済に与える影響について、国民各層の理解を深めていただくことを目的に、スターン・レビューの日本語版を作成し、国内で広く普及を目指します。


2.スケジュール

(1)
概要版は、本年2月16日に環境省及び(独)国立環境研究所のウェブページ上で公表します。なお、駐日英国大使館では、21日からの公表です。
(2)
報告書本文については、4月末を目途に翻訳を終了し、概要版と同様に公表する予定です。

3.関係機関の役割分担

企画・監修:環境省、駐日英国大使館
翻訳:(独)国立環境研究所 AIM開発チーム


4.ダウンロードの方法

下記にPDFファイルを添付。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
室長: 塚本 直也 (内線6730)
室長補佐: 名倉 良雄 (内線6731)
担当 : 塚原 沙智子(内線6733)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ