報道発表資料

平成19年2月5日
地球環境
この記事を印刷

日中韓こどものための環境教育教材プログラム実施について

第2回日中韓三カ国環境大臣会合の合意に基づいて構築された日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)では、こどものための環境教育教材『ツルを守るための条約作り』を作成しています。
 環境省では、国内での教材の普及と環境共同体意識の向上に資することを目的とし、マナヅルの全個体数の約4割、ナベヅルの全個体数の約9割が越冬している鹿児島県出水市に子ども達を集めて、教材を使用したモデル授業、体験学習など(日中韓こどものための環境教育教材プログラム)を行います。

概要

1.日時:

平成19年2月10日(土)〜2月12日(月)

2.場所:

鹿児島県出水市「青年の家」研修施設ほか

3.主催:

環境省、鹿児島県出水市
(後援)鹿児島県、鹿児島県教育委員会

4.プログラム内容

別紙

5.参加者:

鹿児島県出水市、山口県周南市、佐賀県伊万里市の小学6年生

取材について

 プログラムの取材を希望される方は、2月8日(木)17:00までに別添様式によりファックスにて事前登録を行ってください。
(※当日は必ず自社腕章をつけて下さい。また、係員の指示に従い、授業の妨げとならないようご留意願います。)

参考資料

『ツルを守るための条約作り』 http://www.jeef.or.jp/TEEN/text.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課環境協力室
直通:03-5521-8248
 室長:米谷 仁(6760)
 補佐:池田 りか (6766)
 担当:大林 奈津子(6767)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ