報道発表資料

平成19年1月25日
大気環境
この記事を印刷

「EST普及推進フォーラム」の開催について

EST(Environmentally Sustainable Transport:環境的に持続可能な交通)の普及促進を図るため、講演、パネルディスカッション、テーマ別ラウンドテーブル等により、ESTの取組について検討する「EST普及推進フォーラム」を開催いたします。
 本フォーラムでは、関係省庁、交通事業者及び内外の学識経験者等による、環境的に持続可能な交通に向けた講演・意見交換等を行います。また、平成17年度に開催された「ESTスタート・セッション」に引き続き、ESTモデル地域における取組から得られた知見を広めるべく、ポスターセッション等による情報提供も併せて行います。

1.日時

平成19年2月14日(水) 13:00〜19:00

2.会場

六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール
カンファレンスルーム3,4,5

(詳細は添付資料参照)

3.主催

環境的に持続可能な交通(EST)普及推進委員会

後援(予定)
環境省、国土交通省、警察庁
社団法人日本民営鉄道協会、社団法人日本自動車工業会、社団法人日本バス協会

4.フォーラムの概要(詳細は添付資料参照)

基調講演−「ESTの意義と最近の内外の取組み」(東洋大学 太田勝敏教授)
特別講演−「都市における自動車交通適正化の試み−英国ノッティンガム市の取組み−」
 (デービッド・カーター MVAコンサルタンシー プロジェクト・ディレクター)
パネルディスカッション−「ESTの取組み状況と今後目指すべき展開について」
テーマ別ラウンドテーブル

5.参加申込みについて

 参加費は無料です。参加を御希望の方は、「環境的に持続可能な交通(EST)ポータルサイト」(http://www.estfukyu.jp/)からお申し込みください。定員になり次第締切とさせていただきます。

6.取材について

 当日の取材は自由です。当日、受付にお越しください。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局自動車環境対策課
課長:金丸 康夫 (内線 6520)
 課長補佐:渡邉 一弘 (内線 6526)
 担当:津田 剛彦 (内線 6527)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ