報道発表資料

平成18年12月8日
地球環境
この記事を印刷

海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律第9条の6第3項の規定に基づく未査定液体物質の査定結果(案)についての意見の募集(パブリックコメント)について

今般、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律(昭和45年法律第136号。以下「海防法」という。)第9条の6第3項の規定に基づく未査定液体物質の査定結果(案)について、広く国民の皆様から御意見を募集するため、平成18年12月8日(金)から平成19年1月8日(月)までの間、意見の募集(パブリックコメント)を行います。

1.内容

 今般、海防法第9条の6第3項の規定に基づく未査定液体物質の査定結果(案)は次のとおりとなりました。

「リグニンスルホン酸マグネシウム:汚染分類Z類:係数0」

2.御意見募集要項

(1)意見募集対象

上記1.内容

(2)意見募集期間

平成18年12月8日(金)〜平成19年1月8日(月)

(3)意見提出方法
次の様式により、郵送、ファックス又は電子メールのいずれかの方法で提出してください。
(意見提出用紙)
[宛先]環境省地球環境局環境保全対策課 あて
[氏名](企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名)
[郵便番号・住所]
[電話番号]
[ファックス番号]
[意見]

※ 電話での意見提出はお受けしかねますので、あらかじめ御了承ください。

(4)意見提出先
環境省地球環境局環境保全対策課 あて
郵送の場合 〒100−8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
ファックスの場合 03-3581-3348
電子メールの場合 KAIYOU02@env.go.jp
(郵送の場合は封筒の表面に、ファックス又は電子メールの場合は件名に、「未査定液体物質の扱いについての意見」と記載してください。)
連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
直通:03-5521-8246
 代表:03-3581-3351
 課長:徳田 博保(内線6740)
 課長補佐:富永健太郎(内線6756)
 担当:安達 裕司(内線6746)

ページ先頭へ