報道発表資料

平成18年11月9日
総合政策
この記事を印刷

まちづくり環境評価シンポジウム−「寅さんが旅したまち」から考える元気なまち−の開催について

平成18年11月30日(木)に、国際連合大学 ウ・タント国際会議場において 『まちづくり環境評価シンポジウム−「寅さんが旅したまち」から考える元気なまち−』を開催します。
 本シンポジウムは、環境省が検討中の「まちづくり環境評価」に関する取組を紹介するとともに、これからの新しいまちづくりのあり方を求めて開催するものです。

1.趣旨

 新しい「まちづくり」においては、環境へのマイナス影響を評価(チェック)するこれまでの評価手法に加え、美しさや暮らしやすさ、快適性など、近年重視されているプラス面の環境評価(快適性の評価)を取り込むことが重要です。
 環境省では、将来のまちづくりに活用するため、まちの「快適性」の評価手法(まちづくり環境評価)を検討しています。
 本シンポジウムでは、この「まちづくり環境評価」に関する取組の背景や意義を広く紹介するとともに、映画「男はつらいよ」の寅さんが旅したまちを題材に、これからの新しいまちづくりのあり方を考えることとします。

2.プログラム

■基調講演 「まちづくりにおける快適環境創造に向けた新たなアプローチ」
伊藤 滋 (早稲田大学特命教授)
■特別対談 「寅さんが旅したまち−ロケ地はどんなふうに選んだか−」
山田 洋次(映画監督)× 寺脇 研(映画評論家・前文化庁文化部長)
■事例紹介
報告1 山形県鶴岡市 :
富塚 陽一(鶴岡市長)
報告2 岐阜県多治見市:
西寺 雅也(多治見市長)
■パネルディスカッション
コーディネーター:
佐藤 友美子(サントリー次世代研究所部長)
パネリスト   :
北川 フラム((株)アートフロントギャラリー代表取締役)
白幡 洋三郎(国際日本文化研究センター教授)
森本 兼曩 (大阪大学大学院医学系研究科教授)

3.日時

平成18年11月30日(木)13:30〜17:00

4.場所

国際連合大学 ウ・タント国際会議場 (東京都渋谷区神宮前5−53−70)

5.主催者等

主催:
環境省
協力:
(社)日本環境アセスメント協会、(社)日本技術士会
後援:
全国市長会、全国町村会、東京商工会議所、共同通信社、読売新聞社

6.参加方法等

(1)定員 :
300名(先着順)
(2)参加費:
無料
(3)申込方法
氏名、住所、電話番号、勤め先をご記入のうえ、平成18年11月27日(月)(※延長しました)までに下記申込先へFAXでお申し込みください。
■お申し込み/お問い合わせ先
 いであ株式会社 国土環境研究所
 (〒224-0025 神奈川県横浜市都筑区早渕2−2−2)
 FAX: 045−593−7624 (TEL: 045−593−7604)

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響評価課
課長:平野 秀樹(内線6230)
 課長補佐:土居 健太郎(内線6238)
 担当:杉村 素樹(内線6235)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ