報道発表資料

平成18年11月7日
保健対策
この記事を印刷

「化学物質の環境リスクに関する国際シンポジウム」の開催及びアブストラクト集の公開について(第3報)

環境省は、平成18年11月12日(日)〜14日(火)、釧路市において、北川知克環境大臣政務官出席の下、「化学物質の環境リスクに関する国際シンポジウム」を開催します。
 12日(日)は、14:00からの開会式に続き、14:30〜16:00に「化学物質とどう付き合っていくか〜リスクとメリットから考える〜」と題したパネルディスカッション(パネリスト:青山博昭、蒲生昌志、原田靖之、北窓隆子、司会:池上彰、三井ゆり)を行います。
 13日(月)、14日(火)は、国際的な取組や子どもの環境リスクの捉え方など、最新の情報を発信する5つのセッションを行います。
 本シンポジウムの開催に先立ち、プログラムや講演要旨をまとめたプログラム・アブストラクト集を、環境省ホームページに掲載いたします。
1.日程及び議題
【開会式及びパネルディスカッション】
11月12日(日)14:00〜16:00
テーマ:
化学物質とどう付き合っていくか〜リスクとメリットから考える〜
パネリスト:
青山博昭、蒲生昌志、原田靖之、北窓隆子
司会:
池上彰、三井ゆり
【国際セッション】
11月13日(月)9:30〜17:45
セッション1:
化学物質の影響をどうとらえるか−国際的な取組−
セッション2:
子どもの環境リスクをどう捉えるか−大人との違い−
セッション3:

これまでに化学物質について何がわかったか
−内分泌かく乱作用に関する基礎的な研究の今−

11月14日(火)9:30〜15:15
セッション4:
化学物質のリスクをどう理解するか
−リスクコミュニケーションのあり方−
セッション5:
野生生物への影響を評価するために何が必要か
−科学的な野生生物観察のあり方−
2.会場

釧路市観光国際交流センター(釧路市幸町3-3)

3.主催
環境省
  後援

北海道、北海道教育委員会、釧路市、釧路市教育委員会、釧路商工会議所、釧路市医師会、北海道看護協会釧路支部

4.アブストラクト集は下記ホームページに掲載しています。
http://www.env.go.jp/chemi/end/sympo2006.html
5.参加申込み
  本シンポジウムへの参加をご希望の方は、下記のホームページから登録をお願いします。 http://www.congre.co.jp/ed06/
  当日の参加も受け付けていますので、身分証明書等を御持参下さるようお願いします。
6.取材
別添取材要項をご覧下さい。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
直通 03-5521-8261
 課長 青木 龍哉(内6350)
 担当 木山 雅文(内6352)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ