報道発表資料

平成18年10月16日
廃棄物
この記事を印刷

土屋環境副大臣の杉並区「レジ袋削減推進に向けた取組に関する協定」調印式への出席について

環境省の「容器包装廃棄物3R推進モデル事業」として実施される「東京都杉並区におけるレジ袋の有料化等による使用削減推進モデル事業」において、同区の区民・事業者・行政が一体となったレジ袋有料化の実証実験等に関する自主協定が締結されることとなりました。
 この協定の調印式が10月16日(月)16:00〜16:30に行われる予定ですが、環境省から土屋品子環境副大臣が出席しますので、お知らせします。

1.自主協定書調印式の概要

【日時】

平成18年10月16日(月)16:00 〜16:30

【会場】

杉並区役所 第三・四委員会室(中棟5階)

【出席者】

山田宏杉並区長
根本郁芳杉並区レジ袋削減推進協議会長
土屋品子環境副大臣 ほか

2.問い合わせ先

  • 杉並区の「レジ袋削減推進に向けた取組に関する協定」調印式について
    → 杉並区区民生活部生活経済課
    TEL 03-3312-2111(代表)内線3081 (担当:井山)
  • 土屋副大臣の調印式への出席、「容器包装廃棄物3R推進モデル事業」について
    → 環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
    TEL(直通):03−5501−3153(担当:西谷)

(参考)

容器包装廃棄物3R推進モデル事業

 環境省では、地方公共団体、事業者、消費者等の協働による地域における容器包装廃棄 物の3Rの取組を推進するため、今年度、「容器包装廃棄物3R推進モデル事業」を創設 しました。
 この事業は、容器包装廃棄物の3Rを推進する事業で他の地域のモデルとなるような創意工夫に優れた事業について、各事業の結果を取りまとめて広く周知することにより、循環型社会の形成に向けた地域からの取組を促進しようとするもので、今年度は7事業を実施します。
 詳細については、本日環境省から発表した資料を参照ください。

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
直通:03-5501-3153
 室長:東 修司 (内線:6831)
 室長補佐:小紫 雅史 (内線:6822)
 室長補佐:西谷 寛 (内線:6854)
 担当:堀籠 洋一(内線:6837)

ページ先頭へ