報道発表資料

平成18年9月29日
自然環境
この記事を印刷

平成18年度「全国・自然歩道を歩こう月間」について

環境省では、多くの人々が、自然や文化に恵まれた自然歩道を歩くことによって自然への理解を深めることを目的として、毎年10月の1か月間を「全国・自然歩道を歩こう月間」としています。本年も関係機関及び団体と連携して、長距離自然歩道を始めとする全国各地の自然歩道において自然に親しみながら歩く行事を実施するとともに、「自然歩道関係功労者表彰」を行います。
 また、各都道府県等の主催による同様の行事が、全国各地で実施される予定です。

1.趣旨

 歩くことは、環境にやさしく、心身の健康を増進する活動であるだけでなく、自然や文化とのふれあい、また人々との交流等を通じて、国土と自然に対する認識と愛情を育み、自然保護や環境保全の精神を高めることにつながります。
 車中心の社会に生活する私達にとって、今日、歩く機会はますます限られたものになっていますが、一方で、歩くことを豊かな生活の一部として捉え、自然とのふれあいを楽しむ人々が増えており、このような人々の中から自然を守るための活動が着実に育っています。
 このような中、環境省では、さらに多くの人々が全国の長距離自然歩道を始め自然や文化に恵まれた自然歩道を歩くことを目的として、平成4年度より、10月1日から31日までの1か月間を「全国・自然歩道を歩こう月間」とし、全国各地で自然歩道を歩く行事の実施を提唱しています。

2.期間

平成18年10月1日(日)〜10月31日(火)

3.主唱

環境省

4.実施主体

環境省、都道府県、市町村、(社)日本ウオーキング協会、(財)日本万歩クラブ、(財)日本ユースホステル協会、(財)日本レクリエーション協会 ほか

5.実施内容

 本期間中、環境省地方環境事務所(自然環境事務所及び自然保護官事務所を含む)、都道府県等が、全国各地において、自然歩道を歩く大会、自然観察ウオーク及びクリーンウオーク等様々な行事を実施します。
 また、多年にわたり、自然歩道の維持・管理、適正利用の推進、普及啓発等に顕著な功績のあった方を対象に「自然歩道関係功労者表彰」(自然環境局長表彰)を行うこととしています(別紙1)。

 環境省地方環境事務所が実施する行事については、「自然大好きクラブ」のウェブサイト(http://www.nats.jeef.or.jp)で御覧いただけます。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
室長 岡本 光之 (内線6419)
 室長補佐 藤森 貞明(内線6421)
 担当 中村 達也 (内線6422)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ