報道発表資料

平成18年9月19日
水・土壌
この記事を印刷

土壌汚染対策セミナー「土壌汚染とリスクコミュニケーション」の開催について

土壌汚染問題を解決する際に重要なリスクコミュニケーションの成功の鍵について考えるため、大阪市(平成18年10月13日(金))及び北九州市(平成18年11月17日(金))において、「土壌汚染とリスクコミュニケーション」と題するセミナーを開催します。

1.テーマ

 土壌汚染対策を円滑に進めていくためには、事業者・自治体及び地域の住民を含めたすべての関係者において、汚染による環境リスクやリスク低減のための対策内容について透明な意思疎通を図るための「リスクコミュニケーション」を実施することが今後ますます重要となっています。
 本セミナーでは、主として土壌汚染問題に関心が深い事業者や自治体の方々を対象に、各方面の有識者の方から御講演いただき、リスクコミュニケーションの成功の鍵について考えます。

2.主催

環境省、(財)日本環境協会

3.後援(予定)

(社)日本経済団体連合会、(社)土壌環境センター、大阪府、大阪市、福岡県、北九州市

4.日時・場所等

[1]平成18年10月13日(金)
セミナー (定員500名)13:30〜16:50(大阪マーチャンダイズ・マート展示Cホール)
[2]平成18年11月17日(金)
見学会 (定員45名) 9:30〜12:30(北九州市エコタウン)
セミナー (定員500名)13:30〜16:50(北九州国際会議場)

5.プログラム

時間議題講師(大阪会場)講師(北九州会場)
13:30〜13:35 開会・挨拶 財団法人日本環境協会
理事長 加藤 陸美
財団法人日本環境協会
理事長 加藤 陸美
13:35〜13:45 最近の土壌汚染対策について 環境省水・大気環境局
土壌環境課長 坂川 勉
環境省水・大気環境局
土壌環境課長 坂川 勉
13:45〜14:30 不動産売買とリスクコミュニケーションについて 財団法人日本不動産研究所環境プロジェクト
室長 廣田 裕二氏
財団法人日本不動産研究所環境プロジェクト
室長 廣田 裕二氏
14:30〜15:00 土壌汚染対策技術とリスクコミュニケーションについて 東京農工大学教授
細見 正明氏
上智大学教授
中杉 修身氏
15:00〜15:10 休憩
15:10〜15:30 特別講演(環境漫才) 環境カウンセラー
林家ライス・カレー子氏
環境カウンセラー
林家ライス・カレー子氏
15:30〜16:00 リスクコミュニケーションの実施事例について 株式会社大林組
東京本社土木技術本部環境技術第一部長
峠 和男氏
株式会社大林組
東京本社土木技術本部環境技術第一部長
峠 和男氏
16:00〜16:30 行政におけるリスクコミュニケーションのあり方について 大阪市都市環境局理事兼環境部長
光岡 和彦氏
北九州市環境局環境監視部長
入江 隆司氏
16:30〜16:50 指定支援法人の業務について 財団法人日本環境協会
専務理事 斉藤 照夫
財団法人日本環境協会
専務理事 斉藤 照夫

6.参加方法等について

 参加を希望される方は、(財)日本環境協会へ郵送、FAX又はE-mailで事前にお申し込み下さい。詳細については、(財)日本環境協会ホームページ(http://www.jeas.or.jp)を御覧下さい。
 (セミナー参加費無料。ただし、見学会に参加する場合は参加費(昼食・バス代)が必要となり ます。)
 なお、会場等の定員の都合から全申込者の参加の御希望に添えない場合がございますので予め御了承ください。

お申込締切日
  • 大阪会場 : 10月5日(木)
  • 北九州会場 : 11月6日(月)
<参加申込先>
(財)日本環境協会 土壌汚染対策セミナー係
  TEL:03-5114-1251
  URL:http://www.jeas.or.jp

7.取材について

取材及びカメラ撮りを希望される報道関係者は、各会場の開催日の一週間前までに、下記まで事前登録を行ってください。

<取材申込先>
環境省水・大気環境局土壌環境課 志太・小池
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL:03-3581-3351(内線6657)
FAX:03-3501-2717
電子メールアドレス:mizu-dojo@env.go.jp
連絡先
環境省水・大気環境局土壌環境課
直通番号:03−5521−8321
 課長:坂川   勉(6650)
 課長補佐:臼木 民夫(6655)
 担当:志太 健一(6657)

ページ先頭へ