報道発表資料

平成18年9月5日
総合政策
この記事を印刷

NGO・企業のための環境省重点事項ブリーフィング〜開催のお知らせ〜

環境パートナーシップオフィスでは、環境省の政策について、予算、法律、税制等の政策立案・実施の節目をとらえ、定期的に「環境省重点事項ブリーフィング」を開催し、NPO/NGO、企業の担当者、市民への説明、意見交換の場を設けています。
 今回は、この8月末にまとまった平成19年度環境省重点事項を概観する説明とともに、2日間にわたって重点的な政策課題に分けて、それぞれの担当者の説明と意見交換を行います。

1 概要

 環境省重点事項ブリーフィングは、政策立案・実施について最新の情報を得、また立案プロセスを身近なものとしてもらえるよう、年間の政策立案・実施プロセスの節目をとらえ開催しています。
 今回は、環境省の平成19年度概算要求が8月末にまとまったことを受け、課題分野別の政策の状況と、来年度に向けての政策の重点事項について、それぞれの政策担当者から説明を行い、参加者と意見交換を行うこととします。

2 開催日時・場所

日時:

2006年9月19日(火)、9月26日(火)

時間:

13:30−17:30(終了時間は説明内容に応じ多少前後します)

場所:

環境パートナーシップオフィス(EPO)会議室
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
国連大学の後ろのビル 表参道駅B2出口から5分)

3 ブリーフィングのテーマ

 2日間にわたり、以下のテーマごとの重点政策について、環境省職員から政策の説明を行い、参加者と意見交換を行います。

○9月19日(火)
  • 19年度環境省重点事項
  • 地球温暖化対策:「バイオマスエネルギーについて」
  • ヒートアイランド対策
  • 循環型社会の形成
  • アジア環境行動パートナーシップ構想など
○9月26日(火)
  • 環境・経済・社会の統合に向けた基盤づくり
  • 生物多様性の保全と自然との共生
  • 水生生物を中心とした水環境保全
  • 化学物質対策等

4 主催

環境パートナーシップオフィス(EPO)/民間活動支援室

5 参加費

無料(事前申込み制)

【申し込み・お問い合わせ】
両日とも参加、1日だけ・一部だけの参加でもかまいません。
氏名、所属及び出席希望日を明記し、下記までE-mail、またはFAXでお申込み下さい。
参加証などは発行しませんので、当日直接会場にお越しください。
 E-mail:epo@env.go.jp Fax:03-3406-5064
担当:瀧口、星野 Tel:03-3406-5180
 → http://www.geic.or.jp/geic
連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課民間活動支援室
瀧口直樹(内6267 03-3406-5180:EPO)
環境パートナーシップオフィス(EPO)
 星野智子 (03-3406-5180)

ページ先頭へ