報道発表資料

平成18年7月25日
地球環境
この記事を印刷

国際シンポジウム「砂漠とともに生きるII −乾燥地科学と現場での取り組み 」の開催について

国連砂漠化対処条約発行10周年を迎えた本年、2006年は、国連により「砂漠と砂漠化に関する国際年 (International Year of Deserts and Desertification: IYDD) と定められています。
 この「砂漠と砂漠化に関する国際年」を記念して、国連砂漠化対処条約事務局及び 国連大学等との共催で、国際シンポジウム「砂漠とともに生きるII −乾燥地科学と現場での取り組み」を来る8月25日(金)、東京・渋谷の国連大学本部にて開催します。

シンポジウムの趣旨

 国連砂漠化対処条約発行10周年を迎えた本年、2006年は、国連により「砂漠と砂漠化に関する国際年 (International Year of Deserts and Desertification: IYDD) と定められています。IYDDの目的は、深刻な干ばつや砂漠化に苦しむ国、特にアフリカにおける砂漠化によって被害を受けている人々に対して、国際社会の認識を高めることです。
 そこでIYDDを記念して、砂漠化問題に関する一層の普及啓発を図るために、8月25日に国際シンポジウムを開催します。

※シンポジウムの日程、プログラム、申し込み方法等は別添ファイルをご参照下さい。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
課長:小川 晃範(6740)
 課長補佐:佐々木 謙(6744)
 担当:渡辺 大介(6747)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ