報道発表資料

平成18年7月10日
自然環境
この記事を印刷

平成18年のトキの繁殖結果等について

平成18年6月22日に、本繁殖期における最後のトキのヒナが巣立ちましたので、本年の繁殖結果等についてお知らせします。
 平成18年は、昨年の7組に加えて、新たに2組のペアを形成し合計9組のペアで繁殖に取り組みました。その結果、9ペアより46個の卵が産卵され、18羽のヒナが巣立ちました。現時点におけるトキの総個体数は98羽となっています。
 また、野生復帰に向けて自然繁殖能力を高めるため、全てのペアについて自然繁殖を試みたところ、7ペアで合計14羽の自然ふ化及び育雛に成功しました。昨年、一昨年の各1ペアで1羽ずつの成功に比べ、大幅に自然繁殖ペア数及び自然繁殖個体数が増加しました。

1.平成18年のトキの繁殖方針

 佐渡トキ保護センターの繁殖可能個体により、前年の7組のペアに加え、新たに2組のペアを形成し、合計9組のペアで繁殖を行いました(表1)。
 全てのペアについて自然繁殖を試み、ふ化及び育雛能力の確認を行いました。

(表1)繁殖ペア
個体番号
ペア
A
B
D
E
F
G
H
I
J
17(友友)
19(優優)
35
27
20(新新)
28
62
33
71
16(洋洋)
18(美美)
26
40
48
23
21(愛愛)
52
32
※:新規ペア

2.平成18年のトキの繁殖結果

(1)産卵状況

 平成18年は、3月18日の初産卵(Dペア)日から、4月26日の最終産卵(Eペア)日までの39日間に、9ペアから合計46個の卵が生まれました。今年は、全ペアで自然繁殖能力を高めるため、自然繁殖に積極的に取り組み、1ペア当りの産卵数は5.1個となりました。
 また、46個の卵のうち、産卵直後に破卵した卵及び軟卵の13個の卵を除く33個の卵について検卵を行った結果、有精卵は30個、無精卵は3個と判定されました。

(2)ふ化状況

 30個の有精卵から自然ふ化で18羽、人工ふ化で5羽、合計23羽のヒナがふ化しました。残りの7卵について、4卵は発育中止、3卵は抱卵中の破卵によりふ化に至りませんでした。この結果、ふ化率は76.7%で前年(81.5%)より低い値となりました。

(3)育雛状況

 自然ふ化した18羽のヒナのうち、2羽が自然育雛中に親や兄弟により圧死、1羽が巣立ち直後に死亡(詳細な死因を調査中)、また、人工ふ化した5羽のヒナのうち、2羽が死亡(詳細な死因を調査中)しました。
 7月10日現在、ふ化した23羽のうち18羽は無事巣立ちし、順調に発育しています。この結果、トキの総個体数は98羽となりました。

3.各ペアの飼育下における自然繁殖の取組状況について

 今年は大幅に自然繁殖に成功したペアが増加し、D,Hペア以外は自然繁殖に成功しました。なお、Dペアについては自然ふ化には至らなかったものの、1卵を人工ふ化後、ヒナを巣に戻した結果、順調に育雛を続け、その自然育雛能力について確認が出来ました(表2)。
 今後、野生復帰に向けて一層自然ふ化、自然育雛の成功率が向上するよう、今回の結果を分析し、来シーズンの繁殖計画に反映させる予定です。

(表2)平成18年 飼育下における自然繁殖の取組状況
ペア 個体番号 有精卵 無精卵 不明卵
自然孵化 人工孵化 発育停止 破卵 破卵 軟卵
A 3 1 2
B 4 2 2(死亡1)
D 4 1
※人工ふ化後、自然育雛に移行
2 1
E 8 4(死亡1)
※1羽は自然ふ化後、人工育雛に移行
1 2 1
F 11 2 3 1 5
G 4 2(死亡1) 1(死亡1) 1
H 3 3
I(新規) 5 4(死亡1) 1
J(新規) 4 3 1
46 18(死亡3) 5(死亡2) 4 3 3 10 3

4.その他

 自然ふ化、自然育雛に成功したペアとヒナの映像及び写真の提供の用意がありますので、必要な方は担当まで御連絡ください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
課長:名執 芳博(6460)
 専門官:中村 昌孝(6469)
 担当:中島 治美(6469)
 直通:03−5521−8283

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ