報道発表資料

平成18年7月3日
自然環境
この記事を印刷

マイクロチップの埋込み実証事業の検体公募について

「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づく特定動物及び「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づく特定外来生物のうち哺乳類、鳥類又は爬虫類に属する動物については、マイクロチップを基本とする識別措置が義務付けられています。
 環境省では、マイクロチップの埋込みに関する基礎資料とするため、保定方法、埋込み口の後処理、埋込みの作業手順、作業量、その他動物の健康及び安全を確保するために必要な事項等についてのデータ収集を行う「マイクロチップの埋込み実証事業」を実施します。つきましては、本事業に使用する「検体」の提供に御協力頂ける団体を以下のとおり公募します。

検体の公募について

1.公募対象等

特定動物又は特定外来生物のうち、以下の動物を所有、飼養又は保管している団体
  哺乳類(30)、鳥類(30)、爬虫類(60)(それぞれ同一種又は類似種の合計)

2.公募期間

平成18年7月3日(月)〜平成18年7月31日(月)当日消印有効

3.事業実施期間

平成18年9月1日(金)〜平成18年11月30日(木)

4.応募方法

 別紙の「マイクロチップの埋込み実証事業の検体公募に関する要領」に沿って郵送にて提出してください。応募の要件を満たさない場合、無効となる場合がありますので御注意願います。
 結果の発表は、平成18年8月18日までに、各申請者に対して個別に通知します。なお、応募が多数の場合は、審査のうえ、本実証事業の目的等に照らしてより適切と認められる団体を選定させて頂きます。

5.郵送先

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
室長:東海林克彦(6484)
 室長補佐:石井 敦子(6427)
 係長:岩浅 有記(6429)

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
室長:三村 起一(6980)
 室長補佐:堀上 勝(6982)
 係長:尼子 直輝(6982)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ