報道発表資料

平成18年6月29日
地球環境
この記事を印刷

竹下環境大臣政務官の日中友好環境保全センター設立10周年記念式典への出席(海外出張)について

日本と中国の環境協力の中核的な拠点である「日中友好環境保全センター」が今年設立10周年を迎えることから、7月2日(日)中国北京において「日中友好環境保全センター設立10周年記念式典」が開催され、竹下環境大臣政務官が出席します。
 また、竹下政務官は周生賢中国国家環境保護総局長等と会談を行う予定です。

1.日中友好環境保全センターについて(別紙1参照)

 日中友好環境保全センターは、1988年に日中平和友好条約締結10周年を記念して当時の日中総理の間で設立が合意されました。この合意に基づき、日本の無償資金協力と中国政府の資金により北京市内に建物や機材を整備し、1996年に開所しました。
 これまでに日本は3フェーズの技術協力プロジェクトを行い、技術移転や人材育成を通して中国の環境観測システムとデータ処理の水準を高めるとともに、センター独自の研究や研修能力の向上をはかることで、環境政策立案にも寄与してきました。センターは中国及び東アジア地域における環境問題への取組の拠点となっており、その重要性は今後ますます増大すると考えられます。

2.日中友好環境保全センター設立10周年記念式典について

i )  開催日  :  平成18年7月2日(日)
ii )  開催場所  :  日中友好環境保全センター(中国・北京)
iii )  主な出席者  : 
日本
金田勝年 外務副大臣
 竹下 亘 環境大臣政務官 他
中国
周 生賢 国家環境保護総局長
 尚  勇 科学技術部副部長

なお、政務官は式典出席後、世界遺産「黄山こうざん」の視察を予定しています。(別紙2参照)

添付資料

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課環境協力室
室長:田中 聡志(6760)
 補佐:小川眞佐子(6761)
 担当:大下 麻子(6767)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ