報道発表資料

平成18年6月7日
地球環境
この記事を印刷

ラフォーレ原宿が主催する地球温暖化防止イベント「LAFORECO(ラフォレコ)」の会場で「チーム・マイナス6%」への参加を呼び掛けます

「チーム・マイナス6%」では、CO2排出削減のための具体的な取組の一つとして、「買い物とゴミで減らそう(過剰包装を断ろう/ふろしき、マイバッグの活用)」を呼び掛けています。
 今回、ラフォーレ原宿が主催する地球温暖化防止イベント「LAFORECO(ラフォレコ)」において、イベント参加者が温暖化防止アクションの宣言や、マイバックのオリジナルデザイン製作を通じ、CO2排出削減のために「レジ袋を断る」という“行動”の実践を促すことを目的として連携します。

「LAFORECO(ラフォレコ)」概要

主催

:ラフォーレ原宿

期間

:6月9日(金)〜18日(日)

実施時間

:11:00〜20:00

企画概要

  •  「チーム・マイナス6%」のチーム員企業であるラフォーレ原宿は、6月9日(金)〜18日(日)の期間中、参加者自身が考える温暖化防止のアクションを「LAFORECO宣言」用紙に記入し、その宣言用紙をラフォーレ原宿正面玄関口に特設した木をイメージしたパネル“温暖化防止アクションの木=LAFORECOの木”に貼りつけることで“葉”を茂らせ“木”を育てる、という環境イベントを実施します。
     また、“LAFORECOの木”づくりの参加者にはマイバックを配布し、レジ袋の削減を呼び掛けます。

  •  ラフォーレ原宿の各ショップ(109店舗)の店頭にはオリジナルスタンプが設置され、その設置台には女子美術大学の学生がデザインした地球温暖化防止の啓発POPが掲示されます。配布されるマイバックにはこのスタンプを自由に押すことができ、地球温暖化防止アクションを考えながら自分だけのマイバックをデザインすることができます。

取材について

→別紙「取材申込み書」にて申込みください

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
国民生活対策室(直通:03-5521-8341)
 室長:土居健太郎(内:6763)
 担当:林、清武(内:6793)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ