報道発表資料

平成18年5月19日
大臣官房
この記事を印刷

平成18年度環境月間行事及び「エコライフ・フェア2006」について

  1.  環境省は、環境の日(6月5日)を含む6月を環境月間として、国民の環境保全への理解と関心を高めるために、「エコライフ・フェア2006」など各種の行事を実施します。
     また、環境月間中、関係府省庁、都道府県等により、各種行事が全国的に展開されます。

  2. 「エコライフ・フェア2006」は環境月間の主要行事として、以下の日程で開催されます。
    「エコライフ・フェア2006」
    期間:
    平成18年
    6月3日(土)11:00〜17:00
    6月4日(日)10:00〜17:00
    場所: 代々木公園 ケヤキ並木(NHKホール前)/イベント広場
    ※入場無料
    ※飲食ゾーンでは、リユース容器・リユースカップを使用、ごみの分別など環境に配慮したイベントです。
  3.  小池環境大臣は、6月3日(土)午前中に、横浜で開催される「エコカーワールド2006」開会式等に出席し、午後に「エコライフ・フェア2006」会場でステージ出演等をする予定です。

    (参考)
    5月19日記者発表(担当:水・大気環境局自動車環境対策課)
    「エコカーワールド2006」(低公害車フェア)
    期間: 平成18年6月3日(土)〜4日(日)
    場所: 横浜赤レンガパーク
    ※入場無料
 

1.「環境の日」及び「環境月間」について

(1)環境の日

 「環境の日(6月5日)」は、「事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意欲を高める」という趣旨で、環境基本法第10条の規定により定められています。

(注) 国連は、1972年6月5日からストックホルムで「国連人間環境会議」が開催されたことを受けて、6月5日を「世界環境デー」に定めています。

(2)環境月間

 環境省では、環境の日(6月5日)を含む6月を「環境月間」として、関係府省庁、地方公共団体等に呼びかけ、その協力の下に環境の保全に関する普及・啓発のための各種行事を実施しています。

2.平成18年度環境月間行事について

(1)環境省関連行事

「エコライフ・フェア2006」など各種の行事を開催(資料1)

(2)その他の関連行事

 関係府省庁、地方公共団体、事業者等においても各種行事が予定されており、そのうち、関係府省庁、都道府県、政令指定都市の行う行事について、環境省ホームページで情報を提供します。
環境省ホ−ムページ
http://www.env.go.jp/guide/envdm/index.html

3.「エコライフ・フェア2006」について(資料2〜4)

(1)

「エコライフ・フェア2006」は、6月3日(土)及び6月4日(日)の2日間、代々木公園ケヤキ並木/イベント広場において開催します。主催は環境省、東京都、渋谷区、(独)環境再生保全機構等で構成される「エコライフ・フェア2006実行委員会」。

(2)

 本フェアは、エコロジカルなライフスタイルを実現し、広めていくことを目的に、行政、企業、民間団体などの出展により、各分野での環境保全への取組を伝えるとともに、環境を守るために私たちが知りたいこと、実行できることについて、クイズやゲームを通じて楽しみながら理解を深めるものです。

(3)
 本フェアの実施を幅広く紹介し、より多くの方が参加できるように、エコライフ・フェア2006の概要や展示内容を紹介するホームページを開設しています。
エコライフ・フェアホームページ
http://www.env.go.jp/guide/ecolife-fair/index.html

添付資料

連絡先
環境省大臣官房政策評価広報課広報室
室長:塚本 瑞天 (内6139)
 補佐:佐藤 美稚子(内6149)
 担当:山田 雅一 (内6140)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ