報道発表資料

平成18年5月10日
地球環境
この記事を印刷

国連持続可能な開発委員会第14回会合「ハイレベル会合」への江田環境副大臣の出席について

国連持続可能な開発委員会第14回会合(CSD14)のハイレベル会合が5月10日から12日まで米国・ニューヨークで開催されます。我が国からは江田康幸環境副大臣が出席します。
1.会議名

: 国連持続可能な開発委員会第14回会合(CSD14)「ハイレベル会合」

2.開催日

: 平成18年5月10日(水)から12日(金)
(事務レベル会合も含めた全体会期は5月1日(月)から12日(金))

3.開催地

: 米国・ニューヨーク(国連本部)

4.概要
:「持続可能な開発のためのエネルギー」、「産業開発」、「大気汚染」、「気候変動」の4つがテーマ。これらのテーマに関する各国・地域の現状と課題について、途上国の持続可能な開発という側面から議論される。

(参考1)江田副大臣の出張日程

5月11日(木)   出発、ニューヨーク着
11日(木)   国連持続可能な開発委員会第14回会合(ハイレベル会合2日目)に出席
*閣僚級対話(15:00〜18:00)にて発言の予定
12日(金)   ニューヨーク発
13日(土)   帰国

(参考2)国連持続可能な開発委員会(CSD)について

 1992年6月にブラジルのリオデジャネイロで開催された「環境と開発に関する国連会議(地球サミット)」において設置が決まった国連組織。アジェンダ21の実施の進捗状況の審査を行うこと等を主な目的として、国連の経済社会理事会の下に設置されている。
 会議の運営は2年を1サイクルとし、1年目を「評価年」、2年目を「政策年」として議論が行われる。
 2006〜2007年は「持続可能な開発のためのエネルギー」、「産業開発」、「大気汚染」、「気候変動」を分野別議題とし、1年目の「評価年」に当たる本会合では、各国・地域の現状と課題について把握すること、また、エネルギー効率の向上が産業パフォーマンス向上につながるとともに、大気汚染の軽減、温室効果ガス排出削減につながるなど、これら4分野はそれぞれが相互に関連し影響し合うものであるため、一つの取組が複数分野にまたがる相乗効果を生むような好事例を蓄積することを目的としている。
連絡先
環境省地球環境局総務課
課長:清水 康弘(6710)
 補佐:行木 美弥(6722)

ページ先頭へ