報道発表資料

平成18年5月10日
総合政策
この記事を印刷

平成18年度「環境と経済の好循環のまちモデル事業」の公募について

平成18年度「環境と経済の好循環のまちモデル事業」を募集します。
 環境省では、環境と経済の好循環を実現し、その取組を国の内外に普及させるために、平成16年度から本モデル事業を実施しており、本年度は新たに2か所の選定を行うこととしています。

1.モデル事業の概要

 環境を良くすることが経済を発展させ、経済を活性化することにより環境も良くなるような環境と経済の好循環を実現し、その取組を国の内外に普及させるために、平成16年度から「環境と経済の好循環のまちモデル事業」を実施しています。
 平成18年度は新たに2か所の選定を行うこととしており、社会の要素も加味した環境と経済の好循環のまちづくりのモデル(地域が提案した計画)に対し、国からの委託による計画づくりや学習活動(ソフト事業)を行うとともに、二酸化炭素排出量を削減するための設備の設置(ハード事業)に必要な経費の一部を国が交付するものです。

2.公募対象

以下の[1]又は[2]を公募対象とします。

[1]
市町村等(市町村及び地方自治法(昭和22年法律第67号)第281条に規定する特別区をいう。以下同じ。)と連携したまちづくり協議会
[2]
事業開始までにまちづくり協議会の設置が見込まれる市町村等(複数の市町村等からなる連携主体を含む。)

3.交付金額等

[1] 大規模事業 3年間で最大約5億円
[2] 小規模事業 3年間で最大約1億円
  ※ 補助の割合は2/3を上限

4.選定数

[1] 大規模事業 1か所
[2] 小規模事業 1か所

5.事業期間

平成18年度〜平成20年度(3か年)

6.提出書類

 別添の公募要綱の別紙様式1「環境と経済の好循環のまちモデル事業の概要」及び別紙様式2「環境と経済の好循環のまちモデル事業3か年事業計画書」を作成の上、10部提出してください。

7.応募締切

平成18年6月16日(金)(必着)

8.選考・審査

 書類選考により対象を絞った後、有識者で構成される「環境と経済の好循環のまちモデル事業選定評価委員会」による審査を経て選定事業を決定します。
 なお、審査のために必要があれば追加資料及び聞き取り調査等を依頼する場合があります。
 審査結果については、選定事業をホームページ等を通じて公表します。

9.提出先

〒100-8975 東京都千代田区霞ヶ関1−2−2
環境省総合環境政策局環境計画課地域政策係

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境計画課
課長:佐野 郁夫(6220)
 課長補佐:明石 健吾(6221)
 係長:弓田 茂(6222)
 担当:松浦、高塚(6257)
 (電話)03−3581−3351(代表)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ