報道発表資料

平成18年3月31日
保健対策
この記事を印刷

平成17年度版「化学物質環境実態調査−化学物質と環境−」(日本語版及び英語版)「化学物質環境実態調査を読み解くための市民ガイドブック2006」の作成・公表について

環境省では、化学物質環境実態調査結果を「化学物質環境実態調査−化学物質と環境−」として、昭和49年度より毎年公表しており、この度「平成16年度化学物質環境実態調査結果」を平成17年度版「化学物質環境実態調査−化学物質と環境−」(日本語版及び英語版)として取りまとめましたので、お知らせします。
 また、化学物質対策として実施している「化学物質環境実態調査」を一般の方にも、広く知っていただくために、その内容をわかりやすく解説したガイドブックを平成17年度より作成しましたので、併せてお知らせします。

1.背景

 「化学物質環境実態調査−化学物質と環境−」は、昭和49年度より開始した化学物質環境実態調査の結果などを取りまとめた出版物であり、毎年公表しています。
 平成17年度版「化学物質環境実態調査−化学物質と環境−」は、平成18年3月2日開催の中央環境審議会環境保健部会化学物質評価専門委員会において、平成16年度化学物質環境実態調査結果及び参考となる情報を審議いただき、取りまとめたものです。

 また、「化学物質環境実態調査を読み解くための市民ガイドブック2006」は、これまで30年以上にわたり実施してきた化学物質環境実態調査について、広く一般の方にも知っていただくために、平成16年度調査結果を基に、わかりやすく解説したものです。

2.冊子の入手方法

希望される方には無料配付します(送料は実費負担願います。)。
 返信用封筒に下記事項を記載の上、下記の資料請求先までお送り下さい。
 「化学物質環境実態調査−化学物質と環境−」はA4版で厚さ約1cm、「市民ガイドブック」はB5版で厚さは約5mmです。

【返信用封筒に記載する事項等について】
  • 返信用封筒には、「化学物質環境実態調査−化学物質と環境−」を希望する場合には、340円分の、「化学物質環境実態調査を読み解くための市民ガイドブック2006」を希望する場合には290円分の、両方を希望する場合には、450円分の切手をお貼り下さい
  • 送付先御住所とお名前を御記入下さい。
  • 希望する冊子名を御記入下さい。
  • 「冊子小包」と御記入下さい。
  • 「冊子小包」として扱うため、封筒右端の真ん中あたりを1〜2cm切り取って下さい。
【資料請求先】
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省環境保健部環境安全課化学物質環境実態調査(化学物質エコ調査)担当
(TEL:03-5521-8261 電子メール ehs@env.go.jp
連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課課長:上家 和子
保健専門官:吉田 佳督(内線6361)
 調査係長:川村 太郎(内線6355)

ページ先頭へ