報道発表資料

平成18年3月13日
総合政策
この記事を印刷

CSR連続セミナー パートナーシップ・シリーズ中小企業に学ぶCSRの本質〜環境NPOと中小企業の協働〜

地球環境パートナーシッププラザでは、企業とNPO、市民とのパートナーシップづくり促進の観点から、企業の社会的責任(CSR)について、シリーズでセミナーを開催しています。3月23日(木)には、中小企業におけるCSRについて、その必要性や実際の取り組み事例を中心に紹介し、意見交換を行うセミナーを開催いたします。

1 趣旨

 地球温暖化をはじめとして、環境への関心が社会的に高まってきており、大企業の間では企業の社会的責任(CSR)についての取り組みが活発化しつつあります。その一方で、多くの雇用人口を抱える中小企業でのCSRの取り組みは、まだそれ程目立っていません。
 しかし、中小企業は専門分野に特化している企業が多く、同じ分野で活動するNPOとの協働する事は多くのメリットがあります。今回のセミナーでは、オーガニックコットンの流通を通じて企業とNPOが協働し、環境に配慮した製品の普及を行っている事例を中心として、中小企業がCSRに取り組む意義をご紹介します。
 また、中小企業のスケールはプロジェクト全体を見渡し易く、その事例は、複雑化しがちな大企業の事業実施にとっても参考にもなると期待しています。

2 セミナーの内容

  • 講義
    中小企業がCSR活動に取り組む事の意義
    日経広告研究所 主席研究員 岡崎昌史氏
  • 事例紹介1
    一般のコットンとオーガニックコットン
    日本オーガニックコットン協会 理事長 日比 暉氏
  • 事例紹介2
    オーガニックコットンTシャツ流通の取り組み
    久米繊維工業株式会社 代表取締役 久米信行氏

3 開催概要

  • 日時:3月23日(木)15:00〜17:45
  • 場所:環境パートナーシップオフィス(EPO)
        (東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F)
  • 参加費:無料(要申込)

4 参加申込み

  • 参加費:無料
  • 対象:中小企業の方、CSRにご関心のある企業の方、NPOの方、行政の方
  • お申し込み・お問い合わせ:
    氏名、所属、連絡先を明記の上、メールまたはファクシミリにて事前にお申し込みください。参加票は特に発行いたしませんが、定員に達した後にお申し込みの方には、お断りのご連絡を差し上げます。

申し込み用アドレス:csr2006@geic.or.jp
FAX:03-3407-8164

担当: 地球環境パートナーシッププラザ 伊藤

取材について
当日取材が可能です。ご希望の方は上記担当者までご連絡ください。

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課民間活動支援室
瀧口 直樹(03-3406-5180:EPO)
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
 担当:伊藤 博隆(03-3407-8107)

ページ先頭へ