報道発表資料

平成18年3月3日
自然環境
この記事を印刷

国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物(指定動物)の選定方針に関する意見の募集について

環境省では、国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物(指定動物)の選定に向けて、その選定基準等となる「国立公園における動物の保護に関する基本方針」、「国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物の選定要領」及び「指定動物の選定に係る作業方針」の案を取りまとめました。
 本案について、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、平成18年3月3日(金)から3月31日(金)まで、電子メール、郵送、ファクシミリにより御意見を募集いたします。

1.国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物の選定について

 平成14年4月の自然公園法の一部改正により、国立・国定公園特別地域内における環境大臣が指定する動物(以下「指定動物」という。)を捕獲等することが新たに規制行為として追加されました。これを受け、専門家からなる指定動物保護対策検討会を開催し、自然公園内における動物の保護の在り方や指定動物の選定方針、保護施策について検討を行っています。
 このたび、指定動物の選定に向けて、その選定基準等となる「国立公園における動物の保護に関する基本方針」、「国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物の選定要領」及び「指定動物の選定に係る作業方針」の案を取りまとめましたので、広く国民の皆様より御意見を募集いたします。
 今回いただいた御意見をもとに、基本方針、選定要領及び作業方針を決定し、平成18年度より具体的な対象種の選定を実施していく予定です。
 なお、指定動物保護対策検討会での検討状況は、環境省ホームページでも公開しています。

2.意見募集の対象

(1)
「国立公園における動物の保護に関する基本方針について(案)」
国立公園における動物の保護の基本的な方針を示すものです。
(2)
「国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物の選定要領(案)」
指定動物の選定に際しての基本的な要件等を定めるものです。
(3)
「指定動物の選定に係る作業方針(案)」
選定要領に基づき具体的な作業を行うに際して、詳細な要件等を定めるものです。

3.参考資料(意見募集の対象ではありませんが、併せて御覧ください。)

 「国立公園における動物の保全のための具体的施策について」
 「国立公園における動物のモニタリング及び標本の管理のあり方について(案)」

※資料の一覧はこちらをご覧下さい。

4.御意見の募集について

 平成18年3月3日(金)から平成18年3月31日(金)までの間、広く国民の皆様の御意見を募集いたしますので、御意見のある方は、「意見募集要項」に沿って御提出ください。意見募集要項に沿っていない場合、無効となる場合がありますので御注意願います。
 皆様からいただきました御意見につきましては、今後の検討に際し参考にさせていただきます。なお、御意見に対して個別の回答はいたしかねますので、あらかじめ御了承ください。

5.資料の入手方法

インターネットによる閲覧
環境省ホームページのパブリックコメント欄において閲覧可能です。
環境省自然環境局国立公園課(中央合同庁舎第5号館26階)において配布
郵送による配布
郵送により入手を希望される場合は、返信用封筒(定形の封筒に宛先を明記し、80円切手を添付してください。)を同封の上、下記の意見提出先まで「指定動物の選定方針パブリックコメント用資料希望」と明記し、送付してください。

6.意見提出先

 環境省 自然環境局 国立公園課
 住所:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
 FAX:03-3595-1716
 電子メール:shizen-kouen@env.go.jp


添付資料一覧

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
課長 鍛治 哲郎(6440)
 課長補佐 則久 雅司(6442)
 専門官 田中 英二(6438)

ページ先頭へ