報道発表資料

平成18年3月2日
地球環境
この記事を印刷

クリエイションギャラリーG8による「FUROSHIKI展」の開催について

クリエイションギャラリーG8において、4月3日(月)〜28日(金)の期間中、著名人やデザイナーがデザインした現代の“ふろしき”を展示する『FUROSHIKI展』が開催されます。
 この展示会は、地球温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス6%」の活動の一環として、身近な工夫で環境問題に取り組めることを呼びかける目的で企画されたものです。 具体的には「チーム・マイナス6%」の6つアクションの一つである「買い物でごみを減らそう」の一環として、日本の伝統文化である“ふろしき”をレジ袋や紙袋の代わりに活用することでごみが削減できることをアピールします。
 展示会では、“ふろしき”を広げて展示するだけではなく、デザインした方にとって「大切なもの」を包んでもらった状態で展示することとしており、来場される方に“包む”ということを再認識し、過剰包装を見直すきっかけとしていただくことも狙いとしています。
 なお、この展示会には小池環境大臣が自らプロデュースした「もったいないふろしき」も特別展示されます。

1.会場

 クリエイションギャラリーG8
(東京都中央区銀座8−4−17 リクルートGINZA8ビル1F)

2.会期

平成18年4月3日(月)〜28日(金) ※土、日、祝祭日休館
11:00〜19:00 ※水曜日は20:30まで開館、入場無料

3.内容詳細

別添“「FUROSHIKI展」のご案内”参照

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
国民生活対策室(直通:03-5521-8341)
 室長:土居健太郎(内:6763)
 担当:藤田、清武(内:6793)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ