報道発表資料

平成18年2月28日
水・土壌
この記事を印刷

「有明海・八代海総合調査評価委員会中間とりまとめ」に対する意見募集について

有明海及び八代海を再生するための特別措置に関する法律に基づき、環境省に設置された「有明海・八代海総合調査評価委員会」は、今般、中間とりまとめを行いました。
 本中間とりまとめについて、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、平成18年2月28日(火)から3月28日(火)まで、電子メール、郵送、ファクシミリにより意見を募集いたします。

 有明海及び八代海を再生するための特別措置に関する法律(平成14年11月施行、以下、特措法)に基づき、「有明海・八代海総合調査評価委員会」(以下、評価委員会)が環境省に設置されています。
 評価委員会は、特措法の見直しに関して、国や関係県等による調査結果に基づき、有明海・八代海の再生に係る評価を行うことを任務とし、21名の学識経験者で構成されています(委員長:須藤隆一 生態工学研究所代表)。
 評価委員会は、本年秋を目途に、委員会報告をまとめることとしていますが、今般、これまで審議された知見を整理した中間とりまとめを行いました。本中間とりまとめについて、広く国民の皆様からの御意見を募集いたします。評価委員会では、委員会報告の作成に向けた審議において、頂いた御意見を参考にさせて頂くこととしております。

 御意見のある方は、添付資料の「御意見募集要項」に従って、平成18年2月28日(火)から3月28日(火)までに御提出ください。頂いた御意見に対して個別の回答はいたしかねますので、その旨御了承願います。


添付資料一覧はこちらをご覧下さい。

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室
室長:高橋 康夫(内線6660)
 補佐:坂本 清一(内線6662)

ページ先頭へ