報道発表資料

平成18年2月22日
再生循環
この記事を印刷

中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会「容器包装リサイクル制度見直しに係る最終取りまとめ(案)」に関する意見募集の結果について

平成18年1月26日(火)から2月6日(月)にかけて実施した中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会「容器包装リサイクル制度見直しに係る最終取りまとめ(案)」に関する意見募集(パブリックコメント)について、その結果及び意見に対する考え方について取りまとめましたのでお知らせします。

1.意見の提出状況

 ○意見提出者数:283団体・個人

(内訳)
  意見提出者数(団体・個人)
民間企業関係 (特定事業者) 21
(再商品化事業者) 28
(その他の事業者) 26
事業者団体関係 45
自治体関係者 17
消費者団体・NPO等 24
個人その他 122
合計 283

2.意見の概要及びこれに対する考え方

 いただいた御意見に対する考え方は、別紙のとおりです。
 なお、本最終取りまとめ案は、いただいた御意見を踏まえて修正の上、「今後の容器包装リサイクル制度の在り方について」として取りまとめられ、本日、鈴木基之中央環境審議会会長から環境大臣に意見具申がなされました。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
室長 藤井 康弘(6831)
 室長補佐 庄子 真憲(6832)
 室長補佐 西谷 寛(6854)
 担当 堀籠 洋一(6837)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ