報道発表資料

平成18年1月20日
廃棄物
この記事を印刷

愛媛県エコタウンプランの承認について

この度、愛媛県から「愛媛エコタウンプラン」の承認申請があり、これを審査した結果、さわやかな環境先進県づくりを目指し、廃棄物の減量とリサイクルや適正処理を進めることで循環型社会の構築を目指すとともに、製紙産業から排出される製紙スラッジ(紙パルプ製造過程で排出される製紙粕)から再生填料(填料とは紙の平滑度、白色度等を上げるための充填材)等を製造することで製紙スラッジの排出量を削減する事業など、独創性・先駆性が認められることから、経済産業省と環境省は、平成18年1月20日に共同承認することとしました。
 なお、本承認は全国で26番目のエコタウンプランの承認となります。

愛媛エコタウンプランの概要

 愛媛県下全域で地域の実情に合わせたゼロエミッションを実現するためのリサイクル事業を振興することで廃棄物の減量、資源の有効活用を図り、環境先進県の名にふさわしい「えひめエコランド」として推進する。

[1]ゼロエミッションをめざした地域循環システムの構築

 愛媛県の基幹産業である製紙産業から発生する製紙スラッジの処理について焼却・埋立処理から発生抑制・焼却灰の資源化を目指す他、地域で発生する廃棄物の性質・量に対して最適なリサイクルシステムの確立を図る。

[2]新技術と新システムを用いた全国のモデルとなるリサイクル

 県内の製造企業、研究機関等が研究開発した新しい技術を活用、組み合わせることによって、従来、困難であったリサイクルを可能とし、全国のモデルとなる取組みを進める。

[3]雇用の創出、地域活性化への貢献

 県内各圏域の産業技術の蓄積などを生かしてリサイクル施設を整備することで、新たな雇用を創出する。また、リサイクル製品の優先購入(グリーン調達)などにより環境ビジネスの振興を図り、地域の活性化に資する。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
室長:藤井 康弘(内線6831)
 室長補佐:七夕 義隆(内線6829)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ