報道発表資料

平成18年1月11日
総合政策
この記事を印刷

「第9回環境コミュニケーション大賞」の受賞作の決定及び表彰式の開催について

(財)地球・人間環境フォーラムは、環境省等の後援・協力のもとで「第9回環境コミュニケーション大賞」を実施し、受賞作が決まりました。

環境コミュニケーション大賞

 「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等や環境活動レポート、およびテレビ環境CMを表彰することにより、事業者等の環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、その質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。

審査結果

 今回は、環境報告書部門301点、環境活動レポート部門25点、テレビ環境CM部門47点のあわせて373点の応募作について審査が行われた結果、[環境報告書部門]においては、環境報告大賞(環境大臣賞)1点、持続可能性報告大賞(環境大臣賞)1点、環境報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)10点、持続可能性報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)6点、奨励賞3点がそれぞれ決まりました。このうち6点には、複数回にわたる優れた取り組みを表彰する環境報告マイスター賞が合わせておくられます。[環境活動レポート部門]においては、大賞(環境大臣賞)1点、優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)4点が、[テレビ環境CM部門]においては、大賞(環境大臣賞)1点、優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)5点がそれぞれ受賞作に決まりました。

表彰式

 表彰式は、平成18年1月25日(水)13:00〜14:30、日本教育会館一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2−6−2)にて行われます。終了後、引き続き環境コミュニケーションシンポジウム「企業経営情報としての環境・CSR報告書」が開催されます。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課
課長:鎌形 浩史(6260)
 課長補佐:尾崎 葉子(6258)
 担当:中山 伸矢(6252)
財団法人 地球・人間環境フォーラム
 企画調査部長:中寺 良栄
 担当:桜井 典子(03-3592-9735)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ