報道発表資料

平成18年1月1日
地球環境 総合政策
この記事を印刷

「私が考える自然資本 百年の国づくりの提案」募集

環境省では、「自然資本 百年の国づくり〜子や孫に自信を持って引き継げる国土環境・都市環境へ〜(案)」を取りまとめました。
 本案も参考にしつつ、広く国民の皆様が考えた百年の国土環境・都市環境づくりに関するから御提案をお聴きします。
 平成18年4月28日(金)まで、電子メール、郵送、ファクシミリにより御提案をお寄せください。

みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%

 京都議定書第1回締約国会合(COP/MOP1)では、京都議定書の第1約束期間が終わる2013年以降の国際的な枠組みが議論されました。小池環境大臣は、そのCOP/MOP1に出席するに当たり、中長期の温室効果ガスの大幅削減の必要性や可能性について、自身の考えをまとめ、「自然資本 百年の国づくり〜子や孫に自信を持って引き継げる国土環境・都市環境へ〜(案)」を発表しました(平成17年12月2日)。

 その後、環境省では、様々な検討会などで研究、議論されていることのいくつかを更に加えて、この度、別紙のとおり、「自然資本 百年の国づくり〜子や孫に自信を持って引き継げる国土環境・都市環境へ〜(案)(国民提案募集版)」を取りまとめました。

 本案については、引き続き環境省でも検討を進めますが、その検討に役立てるため、広く国民の皆様から「私が考える、自然資本 百年の国づくり」を募集いたします。環境省では、いただいた御提案について、各種の長期政策の検討作業の中で活用させていただきます。また、優秀なご提案は、本年6月の環境の日の記念行事にて環境大臣表彰をいたします(表彰は小中学生の部、高校生の部、一般の部に分けて行う予定です。)。

 御提案のある方は、別添の「御提案募集要項」に従って、平成18年4月28日(金)までにご提出ください。(なお、いただいた御提案に対して個別の回答はいたしかねますので、その旨御了承願います。)

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課
環境省総合環境政策局環境計画課(自然資本 百年の国づくり検討事務局)
担当:大倉紀彰(6277)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ